「正しさ」を振り回すとお客さんのためになるのか

ヤッター(^o^)/

きたよ~。来た来た。

そろそろ来ると思ってたんだ。

バッシング。

ワシの大阪でのセミナーの、この部分に噛みついてきたらしい。

001

誰に対して発信しているのか。
何を目的としているのか。

そんなことをまったくお構いなしに「デザインたるものは…」という大上段から「自分の思うところの正しさ」をぶつけてくるあたり。

いいですね。2ch的で(笑)

ワシがバッシングを受けた場合、彼をモデルにしようと決めていました。

彼も、業界での異端児というコトもあり、きっといろいろとあるんだと思う。

でも、そんなことはお客さんに関係ないことですよね。

そう。自分は誰に何を届けたいのか。

バッシングしてくるような「自分と人の境界線」さえもわからないような人ではなく、自分のお客さん。

「自分で作ってるお店のチラシを、もっとわかりやすく、伝わりやすくデザインしたい」

という人たちのために、センスを抜きにして知識だけでよくなる方法、というものを提供して、何が悪いんだろう。

こういったバッシングを受ける前に、彼のことを知っていたおかげで、すごく心強く思います。

ありがとう。短パンさん。

ああ、そうだ。

イイこと思いついた。

バッシングしてきたアナタ。

ワシのセミナー、受けてみたら?(笑

いい内容だよ。

あと、こちらの記事もプレゼントするよ。

いい内容だらけだよ(笑

フォローしてね!

【お知らせ】スモールビジネス向けオンライン勉強会、会員募集中

オンラインで参加できる個人ビジネス勉強会「ワシ勉」。
オンラインなのでどこからでも参加できます。
動画セミナーなのでいつでも勉強できます。