シンプルなコトバに真実が隠れている気がする。

ときどき「ふだん何気なく使っているコトバの意味」について、考えることがあります。

前回の記事「仕事って人生ですか?」という問いも、質問としてはすごくシンプルな形をしていながら、とても本質的な質問ですよね。

最近、考えているのは「勇気」というコトバです。

このコトバについて考えるのは、やっぱりワシJrの存在があるからだと思います。

10665313_791707360875362_3745365982242388130_n
【勇気というモノを、どう伝えたらいいんだろう】

男の子ならば、ヒーローものの番組やアニメ、アメリカンなヒーローものから受けた印象が強いんじゃないでしょうか。

「人のために危険を顧みず立ち向かう姿」

たしかにカッコイイっすよね。

「自分の身を危険にさらしてでも人のために尽くすこと」って、確かに勇気のある行動かもしれません。

でも、自分が本当に大好きな人に「その身を滅ぼしてでも人のために尽くしてほしい」って思えるでしょうか。

家族のためだったら、身を投げ出す覚悟がある人も多いでしょうね。

そうなんですよね。「勇気」って「覚悟」と密接に結びついているんですよね。

001_450

じゃ覚悟ってなんだろう。

「心構え」「心の備え」ですかね。

つまり、「動じないぞ」という強い心構えができていれば動じない。

たとえ傷ついたとしても、苦しみながらでも乗り越えることができる。

それが何かに立ち向かう時に「自分自身の支え」になる、ってことなんでしょうか。

これでいくんだ。と自分自身で決めること。

スタートと言うか、自分が立ち返るべき原点ってのは、そんなシンプルなところにあるんじゃないでしょうかね。

フォローしてね!

フリーランス、個人事業者向け経営相談会

個人ビジネスのお悩み解消のための、一回限りのコンサルティング。人数限定。