身に沁みるような体験をしましたか?

セミナーや、ブログで何か大事なことをお伝えする際に、いつも腐心していることがあります。

話の途中で参加者の方が
「あぁ、その話ね」
ってカンジで、聞く耳を途中でふさいでしまうのを、いかに防ぐか?

ということです。

「本当に大切なこと」って、聴くと「当たり前のこと」「ありきたりなこと」に聞こえます。

でも、ありきたりに聞こえるのは、自分自身が「身に沁みるほどじゅうぶんに体験していない証拠」なのかもしれません。

たとえば「売り上げを増やすためのちょっとしたヒント」があります。

内容は、言ってしまえば何気ないことです。
ささいなことです。
カンタンなことです。

多くの方は
「あぁ、それね」
って思います。

でも中には「うん。そう!そう!」といったカンジで、深くうなずいている方もいらっしゃるんです。

深くうなずいている人は、どんな人たちなのか?

それは、実際にやってみて、その成果を体感したことがある人たちなんですね。

だから、「ささいなこと」が、いかに大事なのかを知っている。

何気ないこと、ちょっとした工夫を、知っているだけでなく、実践することの大切さを知っているんです。

彼らは身に染みて体験しているんですね。

だから、深くうなずくことができるんですね。

だからいちど、試してみてください。

以前から知っていた、些細なことを。

002

フォローしてね!

【お知らせ】スモールビジネス向けオンライン勉強会、会員募集中

オンラインで参加できる個人ビジネス勉強会「ワシ勉」。
オンラインなのでどこからでも参加できます。
動画セミナーなのでいつでも勉強できます。