大事なこと以外はどうでもいいんです

どんなに自由に見える人でも、何かしらの「しがらみ」の中で生きていることが多いです。

本当に自由でいられる人なんて、いったい全体のどれくらいいるんでしょう。

でも、しがらみの中にいても、自分を解放できている人って、いるんですよ。

たとえば彼女。最近、気になったブログ記事です。

これも「圧倒的な存在」になるための一つの例でしょう。

たとえば彼。

ブログはもとより、彼のYoutubeチャンネルを見てください。

圧倒的でしょう?
彼女のブログで言えば

「記事タイトルは○○文字以内で…」
「キーワードを入れて…」
「サイドバーの配置は…」

なんて、どうでもいい。

彼の動画で言えば

「うまく話せなかったら…」
「背景が…」
「画質が…」
「編集が…」

なんて、どうでもいい状態になっているんですよね。

だって、いちばん大事なのはソコじゃないからね。

圧倒的になった人をよく追いかけてみることです。

「圧倒的なフリをしている人」ではありません。

できれば、圧倒的な人の中でも「自分が好きになれそうな人」のほうがいいでしょうね。

「大事なこと以外の些細なこと」に心を砕くばかり、大事なことに集中できなくなってしまうほうが問題です。

001

できますよね。

だって、大事なこと以外は気にしなくていいんだから。