腰の低い人がナメられる、子供っぽいオトナ社会

力強い発信でありながら、「上から目線」にならない文章を書くのは、難しいモノです。

ブログの世界に限ったことではありませんが「上から目線」が横行してますからね。

「他者をバカにすれば、相手よりも心理的に優位に立てる」

「権威者や知性を批判すれば、相手より知的に見える」

という考えは、いわゆる「中二病」と何ら変わりが無いと思っています。

エラそうに、不機嫌そうに振る舞う人が、人から気を使われる。

腰の低い人がナメられる。

これは未成熟社会ですね。

バブル時代にもありました。

エラそうに振る舞う人ばかりでした。

かといって、オドオドしていては、発信力が高まりません。

子供っぽさや無邪気さは、力の源なので、大切だと思います。

でも、他者を慮り、自分自身と他者を正当に受け入れるスキルは必要ですよね。

それは、過剰に謙遜することもなく、過剰に自慢することもない、オトナなんだろうな~、と思います。

「アイツは俺より大したことがないからバカにする」

「アイツは俺よりスゴイ人だからへりくだる」

これは「礼儀」とはかけ離れていますよね。

自分を受け入れない「自信喪失」。

自分だけを受け入れて、自分と異なる見解を受け入れない「オレ様主義」。

オトナと純粋さを持ち合わせるのって、難しいですねぇ。

001

フォローしてね!

【お知らせ】スモールビジネス向けオンライン勉強会、会員募集中

オンラインで参加できる個人ビジネス勉強会「ワシ勉」。
オンラインなのでどこからでも参加できます。
動画セミナーなのでいつでも勉強できます。