アイデンティティは、すでに持っている。

あの人の話ならお金を払ってでも聴きたいけど、こっちの人の話はお金をもらっても聴きたくない。

そんなこと、ありますよね。

「聴いてください」という話をすべて聞いていたら、時間が足りません。

だから「どの話を聴いて、どの話を聴かないか」という基準が必要になってきます。

知らず知らずのうちに選んでいるというコトは、知らず知らずのうちに基準をもっているんです。

自分が意識しているかどうか、「確固たるものかどうか」は、関係ありません。

だって、意識しているかどうかはともかく、選別しているわけでしょ?

本屋さんに入って、「この棚の本全部ください」なんて言わないでしょ?

24時間すべてのテレビ番組を見ないでしょ?

FaceBookでの投稿も「いいね」するかどうか、一瞬で判断しているはずですよね。

選んでいるわけですよね。

てことは、どこかに「基準」があるわけですよね。

それが自分のアイデンティティであり、個性であり、魅力だと思うんですよね。

それをいくつかのキーワードで表してみると、自分なりの基準、アイデンティティ、魅力というモノを自覚できるんじゃないかと思います。

ワシの場合で言えば

覚悟、勇気、知恵。信念。

関係性、明朗。

本懐。大義。

そんなところに集約されるんじゃないかと、自分では思っています。

これらは、2015年の手帳に書き出したキーワードです(笑

001
【新年を迎えるとともにキーワードを書き出すのを習慣にしてみたら?】

あえて書き出し、自分で眺め、自覚する。

第一歩は意外に簡単なところからスタートするような気がします。

フォローしてね!

【お知らせ】スモールビジネス向けオンライン勉強会、会員募集中

オンラインで参加できる個人ビジネス勉強会「ワシ勉」。
オンラインなのでどこからでも参加できます。
動画セミナーなのでいつでも勉強できます。