トキントキンになるには

名古屋弁では「尖った状態」のことを「トキントキン」と形容します。

…ウソだと思ったでしょ?ホントなんですよ。

さらに「きわめて尖がったこと」を強調したいときは「トッキントッキン」などと言ったりします。

003
【トキントキンに削った鉛筆】

小さな会社やお店は「尖る」ことが大事だと、よく言われます。

たとえば、ワシの周囲でも、

スポーツ用品店専門のコンサルタントの先生。

006

セミナー撮影専門のビデオカメラマン。

004

「髪が薄い男性」専門の理容師。

001

といった方々がいらっしゃいます。

どなたも、遠方からの問い合わせがあるほどの人気者です。

みなさん、トッキントッキンに尖ってますもんね!

(3人とも、ワシが名刺を作らせていただきました!)

でもここで疑問に思いませんか。

「本当に、スポーツショップの相談しか、乗らないのだろうか」

「本当に、セミナーのビデオ撮影しかしないのだろうか」

「本当に、薄毛の男性の髪しか切らないのだろうか」

って。

そんなことはないんです。

スポーツ用品店さんからのご相談が最も多いでしょうけど、ほかの業種のコンサルティングもしていらっしゃいます。

セミナーの撮影が最も多いでしょうけど、ほかのジャンルのビデオも撮影していらっしゃいます。

薄毛の男性のお客さんが多いでしょうけど、地元のお客さんの髪もカットしていらっしゃいます。

「トキントキンに尖る」とは、「先端部分を拡大して示す」ようなものです。

001

「尖っている」のは、先端部分だけです。

しかし、この部分は限りなく小さいですね。

他の「尖っていない部分」も含めて、はじめて先端が尖っている、とわかるわけです。

ビジネスの上で「尖る」とは、「先端部分だけにする」ということではなくて「先端部分はココだよと示す」ことなんですね。

自分のお客さんを見渡してみると、特定の業種、特定の世代が多いんじゃないでしょうか。

「こんな仕事をしているお客さんが多いな」

「子連れのお客さんが多いな」

と思ったら、そこが「とんがり」です。

そこを拡大すれば、あなたもトキントキンになることができます。

トキントキンに尖るための名刺を作成します。こちらから。

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー