損を見切ったら、早めに始めたもん勝ち

もしあなたが、ブログの運営に大失敗したとしたら、どんな損害があるでしょう?

無料でアメブロをはじめた場合で考えてみます。

ブログを続けてまったく効果が無かったとしても、損害は「自分の時間」に限定されます。

それ以上の損害はない、ということです。

有料で広告を消した場合であっても、「980円×継続した月」ぶんですね。

メルマガの場合であっても、「メルマガスタンドの利用料」や「自分の時間」、Youtube動画にしたって「自分の時間」と、せいぜい「通信料」くらいです。

「店の前にA看板を置こうか」

と考えた場合、数日で飽きてしまったとしても、最大の損失はせいぜい1万円です。

損害の多い/少ないの話をしているのではありません。

見切ることができる、ということをお伝えしたいのです。

「損が出たとしても、最大でこれだけ」

ということが、あらかじめわかるわけですね。

最悪の場合

1年続けて、月当たり5件の新規受注がブログからこなければ、やめよう

500本動画をアップして問い合わせがなければやめよう

と「やめる条件」を決めておけば、かなり正確に「損を見切る」ことができます。

人が恐怖をいだくのは「正体がわからないから」です。

001

少なくとも、「最悪の場合、自分にどのような悪影響があるのか」さえわかれば、恐怖はかなり少なくなるはずです。

見切ったら、早く始めた人により多くのメリットがあります。

同じ地域、同じ業種の人がブログをはじめたとしたら、早く始めた人のほうが有利ですよね。

何かをはじめようと思ってもなかなか怖くて手が付けられない時、

「最大でどれだけ損をするのか」
「どれくらいの損が出たらやめるのか」

を考えておくと、気をラクにしてはじめることができます。

「はじめたいけど、よくわかんないからはじめられない」という人からのご相談をお受けしています。

フォローしてね!

ひとりで経営している人に役立つ無料メルマガ配信中

フリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。