多くの人に刺さる話題とは

ただいま、Twitterがバズってます。(2018/7/13 8:40現在)

へぇ~この話題でバズるんだね

当然のことですが、ワシは「バズらせよう」という意図をもってツイートしたわけではありません。

実店舗を持つ書店経営者が、ネット書店への規制を設けるよう、政府にはたらきかけている

というニュースに触れて、この「ネット書店と実店舗の書店」の関係が、かつての「大型スーパーと駅前商店街」の関係に似ているなぁ、と思ってツイートしただけです。

あなたの立場の既知は、読者にとっての未知

この「大型スーパーと商店街」の話のオチは、コンサルタントのみならず、ビジネスの世界ではわりと有名なエピソードです。

なんといっても、「コンビニの出現」とおなじくらい、日本の消費構造を変えた出来事でしたからね。

でも、これをひろく「一般」に広げると、話題としては新鮮だったようです。

つまり、ワシとしては

え?コレでバズるの?

という印象なんですよね^^;

自分にとって、ある程度「当たり前」のことが、他の人にとってはとても新鮮に感じられる、ということですね。

たしかに、このツイートの話題に出てくる「大規模小売店舗法」は、施行が1974年。そして廃止が2000年。

施行そのものはワシでさえも小学生の頃で、今ではそのいきさつも知らない人のほうが多いんでしょうね。

こうゆうことって、「考えてみたら確かにそうだ」なんですね。

でも、改めて考えないと、「自分にとっては当然」になってしまっている。

このことに気づくにはどうすればよいのか。

自分が持ってる新鮮な情報に気づくには

人とお話ししていると

それ!そうゆうことが知りたかったんだよ!

って指摘を受けることがありますよね。

こちらにしてみたら、「え?そこ?そこなの?」と思えるような事が多いですね。

なぜそこに気がついたのかというと、人から指摘を受けたからですね。

今回のワシのケースでも「バズった」ことによって「え?そこなの?」と気づいたわけです。

人とのコミュニケーションや、大量の発信を通じて、人から指摘を頂き、はじめて「え?そこなの?」がわかる。

つまり、たくさん人とコミュニケーションを取り、たくさん発信することで

「ここなのかぁ~」

ってことがわかる、ってことですね。

やっぱり「まずは出してみる」大事ですね。

小さなビジネスの売上を2倍にする無料メールマガジン

  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • ひとりビジネスだから体力的な限界で売上が決まってしまう
  • 地元産業の古い慣習から抜け出したい
そんなフリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。
週一回のペースで配信中です。

こんな実績が生まれています。

  • 1年で売上が2倍になった自宅経営のピアノ教室
  • 週3の自宅パソコン業務で3年以上コンスタントに月50万稼ぎ出している主婦
  • コネナシ実績ナシから1年で地元銀行や商工会議所のアドバイザーになったデザイナーAさん
  • 月4万~8万円だった売上を8か月で50万円に伸ばしたデザイナーBさん
  • 地元に強力な競合がいる中での後発にも関わらず地元密着で継続的に売れている整理収納アドバイザー
  • ターゲットの変更により平均客単価が2倍以上に増えたカウンセラー
  • 1ヶ月の取り組みで平均客単価、売上とも1.5倍に増えた地元商店街の化粧品店
  • 集客ゼロからはじめて初月から毎月3名以上の新規集客に成功したクラフト教室
  • 個人相手から企業向けに切り替えて地元メディアでも取り上げられるほど躍進した洋菓子製造業