多くの人に刺さる話題とは

ただいま、Twitterがバズってます。(2018/7/13 8:40現在)

へぇ~この話題でバズるんだね

当然のことですが、ワシは「バズらせよう」という意図をもってツイートしたわけではありません。

実店舗を持つ書店経営者が、ネット書店への規制を設けるよう、政府にはたらきかけている

というニュースに触れて、この「ネット書店と実店舗の書店」の関係が、かつての「大型スーパーと駅前商店街」の関係に似ているなぁ、と思ってツイートしただけです。

あなたの立場の既知は、読者にとっての未知

この「大型スーパーと商店街」の話のオチは、コンサルタントのみならず、ビジネスの世界ではわりと有名なエピソードです。

なんといっても、「コンビニの出現」とおなじくらい、日本の消費構造を変えた出来事でしたからね。

でも、これをひろく「一般」に広げると、話題としては新鮮だったようです。

つまり、ワシとしては

え?コレでバズるの?

という印象なんですよね^^;

自分にとって、ある程度「当たり前」のことが、他の人にとってはとても新鮮に感じられる、ということですね。

たしかに、このツイートの話題に出てくる「大規模小売店舗法」は、施行が1974年。そして廃止が2000年。

施行そのものはワシでさえも小学生の頃で、今ではそのいきさつも知らない人のほうが多いんでしょうね。

こうゆうことって、「考えてみたら確かにそうだ」なんですね。

でも、改めて考えないと、「自分にとっては当然」になってしまっている。

このことに気づくにはどうすればよいのか。

自分が持ってる新鮮な情報に気づくには

人とお話ししていると

それ!そうゆうことが知りたかったんだよ!

って指摘を受けることがありますよね。

こちらにしてみたら、「え?そこ?そこなの?」と思えるような事が多いですね。

なぜそこに気がついたのかというと、人から指摘を受けたからですね。

今回のワシのケースでも「バズった」ことによって「え?そこなの?」と気づいたわけです。

人とのコミュニケーションや、大量の発信を通じて、人から指摘を頂き、はじめて「え?そこなの?」がわかる。

つまり、たくさん人とコミュニケーションを取り、たくさん発信することで

「ここなのかぁ~」

ってことがわかる、ってことですね。

やっぱり「まずは出してみる」大事ですね。

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー

ひとりで経営している人に役立つ無料メルマガ配信中

フリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。