フリーランスの売れる文章術。わかる文章を書くために必要なこと

さきほど、ワシJr(ウチの長男、小学校1年)の宿題を手伝っていました。

まだまだ「こくご」の教科書を「おんどくしてみよう」といったレベルで、カワイイものです。

と思ったけど。

登場人物が何人も出てきたり、「シェフ」だとか「うでにおぼえがある」なんて表現が出てきて、けっこう難しいものです。

わかりやすい文章とは?

学校の国語では、読解力や「考える力」を養うために、わざわざ難しい文章を読むことが要求されます。

高校の「現代国語」の文章などは、ほんとうに難しい、「わかりにくい文章」が載っています。

だけど、「仕事を依頼されるための文章」「売るための文章」は、国語で習う文章とちがい、「わかりやすく」書くことが求められます。

現代国語の成績がよかった人ほど「難しい文章」を操ることができるので、「どうだ!」とばかりに難しい文章を書いてしまいがちですが、それでは仕事は入ってきません。

だって、「何を言っているのかわからない人」に、仕事を頼む気にはなれませんものね。

「わかりやすい文章」を書くためには、押さえておかなくてはいけないことがあります。

それは

「わかる」とはどうゆうことか?

という問題です。

「わかる」の意味を理解できていない状態で、「わかる文章」が書けるわけがありませんよね。

わかったつもり/西林 克彦著

実は、人が「わかる」と言ったばあい、2種類の意味があることをご存知でしたか?

このふたつを理解していないと「わかる文章」「人を動かす文章」を書くことはできません。

人を動かすための2種類の「わかる」について、今日の17:00にメルマガでお伝えしますね。

無料メルマガの登録は、こちらから。

【無料】小さなビジネスの売上を2倍にするメールマガジン

  • 「小さなビジネスだから体力勝負」はキツイ
  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • 地元産業や業界の古いやりかたから抜け出したい
  • 少人数なのに大きな売上を上げている人がどんなやり方をしているのか知りたい
そんなフリーランスや個人事業、「事業をやりなおしたい人」を中心に880人の方から支持を頂いているメルマガです。
週3回のペースで配信中です。

組織を大きくすることなく「小さなビジネス」のままで売上を増やしたいのなら「読む価値」があります。