けっきょく売れるために必要なたった2つのこと

2018年8月3日。

名古屋は観測史上、はじめて最高気温40度を突破しました~!

いやー、ホントどうなっちゃうんでしょうかね。

そんな中でランチ後のドリンクにはホットコーヒーを注文しましたが(笑

気温40度でのホットコーヒー

ここでご一緒させていただいていたのは、「顔出しNGの税理士さん」H氏です。

ウチの経理や会計一般の相談に乗っていただいているほか、ひろく「ビジネス」についての情報を共有しています。

いま、H氏のお客さんには「カイロ」などのサロン系が多いらしいので、ワシの過去の「サロン系ビジネス」での事例をお渡ししたりしています。

今日、H氏とランチしてて話題になったのは、この記事のタイトル通り。

突き詰めれば、商売ってたった二つのことからできている

ってことです。

けっきょく売れるために必要なたった2つのこと

そのふたつとは「商品と売りかた」です。

マーケティングの世界では、いろんなことが言われていますが「4P(+T)」なんて言われていたりします。

T(ターゲット)
Product(商品)
Price(価格)
Place(販路)
Promotion(販促)

このうち、「商品と価格」はほぼ「商品」として一体化しているモノです。

「これは誰のための商品なのか」を考えれば、けっきょく「商品」には「ターゲット」も含まれていることになりますね。

販路(どこで、どんなルートで売るか)と販促(知名度を上げたり購買意欲を上げるための工夫)は、結局のところ「売りかた」と言えるものです。

だとしたら、結局のところ「商品と売り方」に集約されますね、ってことなんです。

世の中にはどんな商品、どんな売り方があるのか?

たとえ結果として自分が採用しなかったとしても、

「世の中にはどんな商品があるのか」
「どんな売り方があるのか」

を知っておくのは大事です。

「コンサルタントが提供している商品」をピックアップしても「コンサルティング」と「セミナー」では、まったく特性が異なる商品です。

「どちらがよいか」で考えるのではなくて「どんな組み合わせがよいか」を考えることです。

サロンでも、よく考えてみると「施術」だけではないサロンもありますね。

「施術」だけピックアップしても、1コースだけではないとしたら、どんな「構成」になっているのか。

それぞれ「売り方」はどう違うのか?

ただ漫然と、同業者のやり方を真似るだけではなくて「どうしてこうしているんだろう?」と考えてみること。

できれば、その業界の人に尋ねることができると、イチバンですね。

マッサージサロンさんでも、8か月で売上げを1.9倍にしたコンサルティング実績があります。

いちどお気軽にご相談くださいね。

最初にご相談いただくとしたら、コレがいちばん気軽かな。

お待ちしておりまーす♪

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー

定期オンライングループコンサル

「定期オンライングループコンサル」に参加するメリットなど、より詳しくお伝えしています。