最短距離でビジネスを軌道に乗せる考えかた

あなたのビジネスを最短距離で軌道に乗せるための考え方についてお伝えします。

怪しい情報と勘違いされても困るので、あらかじめお伝えしておきますと

「最短距離でビジネスを軌道の載せるテクニック」などではなくて「基本的な考え方」です。

「徐々にポイントを絞っていく」という考えかた

「Hi-Loゲーム」って、ご存知ですか?

とっても単純な「数字当てゲーム」です。

高校2年生のころ、初めて自分で買った「コンピュータ」は、カシオのPB-100という、大きさはいまのスマホの1.5倍くらいの、デカい電卓のようなモノでした。

カシオ「PB-100」画像:Wikipediaより

これではじめてプログラミングしたのが「Hi-Loゲーム」だったんです。懐かしいなぁ。

ルールはカンタンです。

  1. 0から100までのあいだの数字を当てます。
  2. 正解だと思う数字を入力すると、「正解の数字」は、入力された数字よりも大きいか(Hi)小さいか(Lo)が表示されます。
  3. それをヒントに、また正解だと思う数字を入力します。
  4. 2と3を繰り返し、できるだけ少ない入力回数で、正解にたどりつくようにがんばります。

こうして見ると「こんなゲームのどこがおもしろんだ」と思えてきますが(笑

当時は、コンピュータそのものもおバカさんだったので、これくらいで必死だったのです。

さて、このHi-Loゲーム。

最短で正解にたどり着くには、とても簡単な法則を当てはめるだけです。

  1. 最初は50を入力する。
  2. 50よりもHiだったら75を、Loだったら25を入力する。
  3. 同様に、いちど入力するごとに、「正解の可能性」を半分ずつに絞っていく。

これが、もっとも正解にたどりつく方法です。

ところが、多くの人は「デタラメ」に数字を入力して、「まぐれ」を狙います。

まぁこれはゲームなんで、目くじらを立てるような事ではありません。

問題は、ビジネスでもこのようなやり方をする人が多い、ってことです。

確率の問題です

このHi-Loゲームでも、「あてずっぽう」で進めていくと、「最短の方法」よりも早く正解にたどりつくことがあります。

「たまたまうまくいく確率」なので、高くはありません。

ですがたまたまうまくいくと目立つため、実際以上に「そのやりかたでうまくいく」ように見えてしまいます。

だけど、繰り返していくと「最短の方法」のほうが、平均して早く正解にたどり着けるのです。

「たまたまうまくいく」のを狙うのは、ギャンブルに近くなります。

宝くじに当たった人の話を聞くと「自分も当たるような気がする」のと同じですね。

確率を上げていく

震災など予期せぬできごとで仕事が傾く場合もあります。

事件や事故などの予測できない、対応できない環境変化もありえるので、ビジネスに「必勝法」はないかもしれません。

100発100中は、カリスマ経営者でも無理なのです。

だけど「確率を上げていく」考え方はできます。

いや、確率を上げるというより、一定以上の「ハズレ」を引かない、安定した確率で当てるというべきかな。

あてずっぽうでも、何度かやっていると当たる確率が上がってきます。

だけど、よく考えて、よく知ってものごとにあたると、安定した確率で当たるようになります。

そのためには、「宝くじ必勝法」のような怪しげなビジネスノウハウより、一見むずしそうに見える「ビジネスの勉強」のほうが大事だと思うんですよね。

ワシが毎月開催している6回シリーズのスモールビジネス起業塾、「ワシ塾」では、そのような基本的な考え方を中心にお伝えしています。

これは6月の第一講のときの写真

今年の12月に「第二期」をスタートさせる予定でいますので、遅くとも10月には募集を開始します。

また、名古屋以外の開講もリクエストがあれば検討しますので、お問合せ下さいね。

開講や募集開始の情報は、メルマガで先行してお知らせしますので、見逃したくない方は無料メルマガに登録してくださると便利ですよ。

1,000人の経営者に読まれているメールマガジン

  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • ひとりビジネスだから体力的な限界で売上が決まってしまう
  • 地元産業の古い慣習から抜け出したい
そんなフリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。
週一回のペースで配信中です。

こんな実績が生まれています。

  • 1年で売上が2倍になった自宅経営のピアノ教室
  • 週3の自宅パソコン業務で3年以上コンスタントに月50万稼ぎ出している主婦
  • コネナシ実績ナシから1年で地元銀行や商工会議所のアドバイザーになったデザイナーAさん
  • 月4万~8万円だった売上を8か月で50万円に伸ばしたデザイナーBさん
  • 地元に強力な競合がいる中での後発にも関わらず地元密着で継続的に売れている整理収納アドバイザー
  • ターゲットの変更により平均客単価が2倍以上に増えたカウンセラー
  • 1ヶ月の取り組みで平均客単価、売上とも1.5倍に増えた地元商店街の化粧品店
  • 集客ゼロからはじめて初月から毎月3名以上の新規集客に成功したクラフト教室
  • 個人相手から企業向けに切り替えて地元メディアでも取り上げられるほど躍進した洋菓子製造業