スモールビジネスの商品化力。アイデアだけではダメ!

昨日はワシカフェ × ワクワク戦略会議 特別バージョンでした。

ひさしぶりの「星乃珈琲」のモーニング。

久しぶりの星乃珈琲のモーニング

お相手はこちらの先生。

年間の講演依頼回数が100回を超える、ビジネスセミナー講師の酒井とし夫先生です。

酒井先生とは6年以上のお付き合いで、すでにお互いの経歴や方針、考え方などについてはよく知っています。

また「ビジネスセミナーの講師」という、立場的によく似た環境です。

ですので、「情報交換」も、とても濃いものになります^^

今回もビジネスの企画やアイデアがたくさん出てきました。

アイデアのほとんどはボツでOKだけど…

アイデアって、ほとんどがボツになります。

ボツになることを恐れてアイデアを出さないと、アイデアそのものがしぼんでしまうからです。

積極的にボツになるようなアイデアでもたくさん出さないと、結果的に「よいアイデア」も出てこないんですね。

で、たくさんたくさん出していると「コレかも!」という企画が見つかります。

企画化力ですね。

問題は、そこからです。

アイデアを「売れる状態」にまで持って行く力。「商品化力」

企画化力の次に大事になるモノ。

それが「商品化していく力」です。

ワシも会社員の頃は、同僚と飲みながら

「こんなビジネスやったら、ぜったい儲かるよな」

「(成功したビジネスを見て)あれくらい、オレでも考えてた」

なんて、クダ巻いてました(笑

「あれくらい、オレだって考えていた」

って、最低のグチだと思うんですよね。

だって、実行していないんだもの。

先に思いついていようが、後だろうが、「やったもん勝ち」なんですからね。

思いついていても、それを商品にして、売り出すためには、労力(コスト)が要ります。

思っていたのとは違って、実際に商品化しようと思うと、思わぬ壁があらわれたりします。

それを乗り越えていかないと、「売り出す」ことはできないんですよね。

商品化するために時間をかけていると、最初の頃の「ゼッタイにこれは儲かる!」という勢いがだんだん削げて行って

「こんなことしてて、本当にうまくいくのかな」

と疑心暗鬼になり、途中でやめてしまうケースもあります。

途中でやめてしまうのならまだマシなほうで、一方で自信満々の発言をしながら、もう一方で自信を持つことができずに乗り出せない、という「口だけ自信家」もたくさんいますね。

言ってるだけだったら、ぜったいに失敗しませんからね。

「アイデアだけ」で止まっている人が多い理由ですね。

「形にできるヤツ」が、ぜんぶ持っていく

先ほどの酒井先生とワシの共通の知り合いの、あるセミナー講師の先生が、新しいサービス(講座)を開始しました。

ついさきほどそのことを知り、その先生の「販売ページ」を見たんです。

とても完成度の高い、力の入ったページでした。

おそらくサービスそのものである「本講座」も、緻密に時間をかけて作り上げてあるんだろうな、と感じます。
(↑コレ大事ですよね)

ビジネスの上で「いいこと思いついた」ってのは、誰にでもあります。

だけど、行動に移す人はわずかです。

そのうえ「形にまで仕上げて売り出せる人」となると、もっとわずか。

「思いついたこと」を形にしていける力を、身につけたいものですね!

1,000人の経営者に読まれているメールマガジン

  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • ひとりビジネスだから体力的な限界で売上が決まってしまう
  • 地元産業の古い慣習から抜け出したい
そんなフリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。
週一回のペースで配信中です。

こんな実績が生まれています。

  • 1年で売上が2倍になった自宅経営のピアノ教室
  • 週3の自宅パソコン業務で3年以上コンスタントに月50万稼ぎ出している主婦
  • コネナシ実績ナシから1年で地元銀行や商工会議所のアドバイザーになったデザイナーAさん
  • 月4万~8万円だった売上を8か月で50万円に伸ばしたデザイナーBさん
  • 地元に強力な競合がいる中での後発にも関わらず地元密着で継続的に売れている整理収納アドバイザー
  • ターゲットの変更により平均客単価が2倍以上に増えたカウンセラー
  • 1ヶ月の取り組みで平均客単価、売上とも1.5倍に増えた地元商店街の化粧品店
  • 集客ゼロからはじめて初月から毎月3名以上の新規集客に成功したクラフト教室
  • 個人相手から企業向けに切り替えて地元メディアでも取り上げられるほど躍進した洋菓子製造業