商売の方針とは「人との関係の持ちかた」

独立して仕事をはじめて、まもなく20年になろうとしています。

2007年の写真

この間には、仕事上で知り合った人たちもたくさんいます。

ほどよい距離感でずっと付き合っている人もいます。

急接近して、急に去って行った人もいます。

やっぱり価値観が近いと、関係も長続きするものですよね。

自分から急接近しておきながら「あんな人だと思わなかった」といって急に嫌らわれたりすると、面食らいます。

でも、そういった行動をする人って、ほかでも同じような行動をしているんですよね。

以前は「あぁ、あの人はそうゆう人だよ」と人からの情報に頼るしかありませんでしたが、今はSNSがあります。

発信をしていると、自分の「人との関係の持ち方」を公に公開していることになります。

だから、誰かと接触を持ったら、多くの人は相手のSNSをチェックして「このひと大丈夫そうかな」って確認するんじゃないかと思います。

日ごろの発信の積み重ねが、意識しないうちに「自分の人となり」をあらわしているわけですね。

ときどき日常にキレて発信している人は

「あぁ、この人は些細なことでときどきキレる人なんだなぁ」

と、人は見ているわけです。

「だからSNSでキレるのはやめましょう」って言ってるわけじゃないんですよ。

「人柄が見えている」ってことを言ってるだけです。

キレる人はどうぞご自由に。

考えが合いそうかどうかもSNSで見える

仕事上の付き合いで大事なこと。

それは基本的な考え方や価値観が近い人のほうが、付き合いやすいということです。

それは「この人と一緒に行動していたら自分にメリットがあるのか」といった打算で付き合う人も多いことでしょう。

でも、ワシの経験で言うと、打算で付き合っても長続きしません。

まぁきっと、ワシがそういうタイプではないからかな。

短期的であっても、その後仲たがいしようとも、一時的に儲かればいいんだ、という人は、それでもいいでしょう。

だけどワシはやっぱり「この人とは考えが合う」と思える人と仕事がしたいんですよね。

だとしたら、「この人と仕事をやっていけそうかどうか」を考える際にも、その人のSNSを参考にするわけです。

もし相手がSNSで発信をしていなかったら、警戒します。

だって人柄を推察する情報がないんだもん。

人とどう関わり合いたいのか

よく「仕事の方針」だとか「自分なりのビジネスの哲学」なんて言葉があります。

これって、大雑把に言ってしまえば「自分は他者とどのように関わっていきたいのか」ってことだと思うんですよね。

お客さんとどう関わりたいのか。

…「お金を吸い上げる対象」として捉えるのか、「相手の問題を解決してあげるサポーター」として捉えるのか。

ビジネスパートナーとどう関わりたいのか。

…「自分のスキルアップや儲けるための踏み台」として捉えるのか「相互に助け合う存在」として捉えるのか。

スタッフとどう関わりたいのか。

…「安くこき使って自分の懐を肥やすための道具」として捉えるのか「いっしょにビジョンを実現する同志」として捉えるのか。

社会や世間とどう関わりたいのか。

…「自分が貢献して少しでも役立つための対象」として捉えるのか「うまく渡り歩いてのし上がる場」として捉えるのか。

これが講師であれば「受講生さんたちをどうとらえているのか」でもいいですし、ライターさんであれば「読者をどう捉えているのか」でもいいでしょう。

これら「そのひとの社会とのかかわり方」は、一見すると無関係に見える、SNS上での発信のコトバの端々に、表れているんですよね。

だからこそ

ウチの考え方や方針に共感してくださるお客さんに来てほしい

って思っている人は、自分のコトバで発信すべきなんですよ。

「共感してほしい」って言っておきながら、何も発信していなければ、何に共感すればいいのか、わからないじゃないですか。

ワシで言えば、今日のこの記事に共感してくださるような方に、ご相談に来ていただきたいな、と思うんです。

だって、技術や方法はお伝えできても、人の価値観はなかなか変わらないものですから。

ワシと違う価値観を持った人に対して、相手の価値観を変えようとは思っていません。

ただ、共感してくださる人に来てほしい、と思うだけです。

もしよかったら、「個人事業やフリーランス向け相談会」やってますんで、ご参加ください。

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー

「ワシの相談会」へご参加するには

「ワシの相談会」にご参加いただくには、オンラインショップでの「ご予約」をお願いします。
通常のオンラインショップでのお買い物と同じです。