フリーランスの商品開発。形を変えれば新商品完成。

昨日はスモールビジネス起業塾「ワシ塾」の第3日目でした~。

昨日の話題は「商品づくり/サービスづくり」。

ノウハウや技術を売り物にしているフリーランスの限界

今回のワシ塾の参加者のみなさんは

「子供向け学習塾のオーナー教師」
「フィットネスジムのオーナートレーナー」
「フィナンシャルプランナー」
「整理収納アドバイザー」
「ブランディングプロデューサー」

です。

つまり全員「サービス業」ですね。

フリーランスというと、ほとんどの人がサービス業です。

サービス業って「モノ」を売っていませんよね。

自分が物理的に移動したり、時間を確保した上で、相手の方にノウハウや技術を提供する、というタイプのかたが多いです。

この場合、「時間的に制約されている」ことがポイントで、マンツーマンでサービスを提供している場合、誰かにサービスを提供している間、ほかの誰かにサービスを提供することができません。

つまり自分の時間的限界によって、売上の限界が決まってしまうことになりますね。

これは「一対多」でサービスを提供できるセミナー講師の場合であっても考え方は同じで、移動してある場所でセミナーをしている間、ほかの場所でセミナーをすることはできないので、「移動時間を含めた一回のセミナーの売上の時間単価」が大きなポイントになってきます。

無料のモノもまとめれば有料の商品になる?

昨日の「ワシ塾」で出て来た話題が「テレビ番組のDVD」です。

地上波放送の番組って、基本的に無料で見ることができますよね。

NHKの大河ドラマとかね。

でも、放送が終了すると、全話が収録されたDVDが販売されます。それも結構な価格で。

アレを見て

無料で見られる番組が有料で売られているなんて、おかしいじゃないか

って思う人は、買わない人(ターゲットではない人)ですね。

見逃した人や、手元に置いておきたい人は、喜んで買うわけです。

無料で見られるはずのブログ記事から書籍が生まれ、本屋さんに並ぶことだって珍しくありませんよね。

「無料で提供しているモノが売れるわけがない」という先入観を捨てる

人とお話ししていて「価値ある情報」に触れたとき

「その情報、売ればいいじゃない!」

って思うことがあります。

でも、当の本人は「いや、これくらいのことは誰でも知ってるし、本に書いてあるし」

っておっしゃるんですよね。

では、すでに誰かが書いたことについて、他の人は誰も書いていないのでしょうか?

「今まで誰も知らなかったような事」しか、売られていませんか?

わかりやすい伝え方やユニークな編集のしかた、そして「切り口」に「価値」があるのであって、世の中に出ているコンテンツの多くは「以前のコンテンツの焼き直し」なんですよね。

自分が持っているコンテンツでも「形」や提供のしかたを替えれば、いろんな商品ができるはずです。

たとえば「セミナー講師」という立場だって、単発のセミナー、ワークを中心とした講座、DVD化、書籍化、いろいろな「商品化の方法」がありますよね。

もしあなたの仕事が「知識や技術をベースにしたサービス業」なのだとしたら、今の時代「商品化」はいろんな方法が考えられるはずです。

スモールビジネス起業塾「ワシ塾」では、セミナーの後の時間に「グループコンサルティング」を実施しています。

参加者のみなさんは、ご自身のビジネスについて「ほかの商品化のアイデアはないか」ということについてお互いに意見を交わしていました。

こういった「知恵の出しあい」から、新たなアイデアも生まれてきますよね。

今年の12月に、「ワシ塾」第二期を開講する予定でいます。

詳細が決まりましたら、メルマガで先行してお知らせしますね。

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー

ひとりで経営している人に役立つ無料メルマガ配信中

フリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。