「絞る」とは、一貫性のこと

先日、タリーズではじめてモーニングメニューを注文してみました。

タリーズのモーニング。悪くないけどね

やっぱり名古屋で生まれ育ったワシには、名古屋的なモーニングのほうが性に合うなぁ。

さて。

ワシがSNSでつながっている人たちも「ひとりビジネスの人」の友達が多いので、彼ら彼女らの発信をよく見ています。

多いのは「何をやっている人なのか、よくわからない」という人です。

本人は、コンセプトを持って活動しているのでしょうが、周囲の目からは

「あれこれいろいろとやっている、よくわからない人」

と映っているようなパターンですね。

「何でも屋さん」として商売が回っているのであれば、何も言うことはありません。

だけど「うまくいっていないのでいろいろと手を出す」というケースも多いようです。

「絞る」にもいろいろとある

今日は、ZOOMの「ワクワク戦略会議」で、いつもお世話になっているこちらの先生と「戦略会議」を開いていました。

ビジネスセミナー講師の酒井とし夫先生

今日の話題の中で出てきたのは

「絞るっていっても、絞りかたはいろいろとあるよね」

というお話しです。

たとえば、経営コンサルタントの世界でも

「アメブロ専門コンサル」「名刺専門コンサル」「動画活用専門コンサル」

といったツールで絞り込んだ人。

「組織改革コンサル」「接客対応コンサル」「ブランディングコンサル」
「商品開発コンサル」「ITコンサル」

のように、企業の中の「機能」で絞り込んだ人。

「ベーカリー専門コンサル」「クリーニング店専門コンサル」

のように、対象の業種で絞り込んでいる人。

コンサルタントにもいろんな「絞込みの切り口」があります。

大事なのはこの切り口です。

切り口を変えれば、スッキリわかりやすく絞ることができる

たとえばワシの場合。

ブログの相談も、名刺やチラシの相談も、SNS活用についての相談も可能です。

IT系も得意です。セミナー講師の育成もできます。

商品やサービス開発についても相談していただけます。

フリーランスのブランディング(魅せ方)についてのご相談もしていただけます。

自分で言うのもアレですが、ある意味、器用なのです。

そのぶん、絞り込むことが難しく「何をしている人なのかよくわからない」と、人からもよく指摘を受けていました。

「いろいろとできる」場合でも、ご相談者の業種や立場といった「対象」を絞り込んだり、地域を絞り込んだり、「お客さんとの接触のしかた」などで絞り込むことは可能です。

「起業3年未満の個人ビジネスの人専門のコンサルタント」のようにね。

女性の起業家の方でよくご相談に来られる

「幼児教育カウンセリング」「整理収納アドバイザー」「写真撮影」「風水」

など、いろんな資格や肩書きを持っていて、いまひとつコンセプトがハッキリしない人は「対象」などで絞り込むことだってできます。

ただ単に、自分の興味があることだけかき集めても、それは「自分目線」でしかないので、お客さんに刺さることは難しいです。

いろいろとできますけど、これはすべてあなたのお困りごとのため

という姿勢を打ち出すことができれば「いろいろとできること」は武器になるのです。

あなたの打ち出しかた。

その切り口。

あらためて考えてみませんか。

8月の30日、31日に「相談会」を開催しますので、よかったらご相談くださいませ。

現在、残り2組です。

「ワシの相談会」へご参加するには

「ワシの相談会」にご参加いただくには、オンラインショップでの「ご予約」をお願いします。
通常のオンラインショップでのお買い物と同じです。