ブランドとは「カン違いさせる力」

ネットショップコンサルタントの森 よしあき先生におススメいただいた、こちらの本。

表紙がサブカルぽくていいね!笑

表紙だけで激しく同意。即買い。

とってもわかりやすいです。

本当によいかどうかは、選んだ後でないとわからない

セミナーでも、ワシがよくお伝えしていること。

それは、

「よい」だけではなくて、「よさそう」でなくては、売れない。

ってことです。

いくら「よいサービス」でも「よさそう」に見えなければ、売れません。

たとえ「よくない」サービスであっても「よさそう」に見えれば一度は売れる可能性があります。

ただし、二度目はありませんね。

商売をしていると、多くの人が「よい品質」「よい商品」「よいサービス」を目指しています。

同時に「よさそう」を目指す必要もあるのです。

ところが、多くの人は

良い品質なのだから当然、よさそうに見えるだろう

と思ってしまいます。

そして、わかってくれないお客さんに腹を立てる。

ここが大事なんですねぇ。

理論などはどうでもよい。「自分の身にどう影響するか」が大事

この本。

分野で言えば、これらの分野の知識について扱っています。

  • 認知バイアス:無意識の偏見。ひとが非合理的な判断をする理由
  • ヒューリスティクス:ひとが複雑なことを考える際に無意識に行う「思考のショートカット」
  • 認知的不協和:自分が納得できないときに無意識に行う「認識の変更」

多くの人が知らず知らずのうちに陥っている「認識のワナ」です。

これらの知識を「自分が成功するために使う」というスタンスですね。

そうです。いくらありがたい学説だって、自分が活用してメリットがなければ、単なる「机上の空論」なんですよね。

実務派の人たちが、理論派の人たちを嫌う理由はここにあります。

だから、読んでいる人にとっては、そんな定義や理論はどうでもよいのです。

それが「自分の身にどう影響するのか」が大事なのです。

この本で言えば、行動経済学の難しい理論などはすっ飛ばして、

「ようは、人を勘違いさせることが大事」

ということを、ストレートに言っています。

やっぱり「わかりやすい」って価値ですねぇ。

どうですか。

あなたも、専門用語をできる限り使わずに、あなたの専門分野の大事なことについて、伝えるように心がけてみては。

この本をオススメしてくださった、ネットショップコンサルタントの森よしあき先生が、オンラインセミナーを開催します!

テーマは「ワードプレスでの集客」。

オンラインでの開催なので、地域や天候は関係なし。自宅やオフィスで受講できます。

興味のある方はゼヒご参加くださいね~。

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー