誰に学ぶか。誰と行動するか

もう、何年もこちらの先生から学んでいます。

年間の講演依頼回数が100本を超える「ビジネス心理学」講師の酒井とし夫先生。

今日は「誰から学ぶか」は、学ぶ内容と同じくらいに大事、というお話しです。

いい人なのに残念なパターン

もう何年も前のお話しです。

ある講師の先生のセミナーに参加しました。

お話しを聴いてみると、その講師のかたはある「塾」に参加していたそうです。

その塾は、ワシの個人的な印象では、けっこう「売り込み」のキツイ、「売れ売れ」系の塾です。

わかりやすくいえば、ワシはキライ、ってこと(笑

その講師のかたのセミナーに参加してみると、彼が学んだという塾のセオリー通りのやりかたをしていました。

その先生の人がらは安心できるイメージでしたが、「あー、あの塾を選んじゃうのね」と思うと、ちょっと残念でした。

もちろん、それだけで人物を判断したりはしません。

だけど、SNS上では、「どんなグループに所属しているか」「誰と一緒にいるか」という、ちょっとしたことで、あなたも人を選別しているハズです。

SNSでは、あなたのふだんの「付き合い」が公開されています。

基本は、付き合いたい人と付き合えばいいんです。

それが理由で誰かから嫌われたとしても、それはOKです。

すべての人から好かれるのはしょせん無理なのですからね。

でも、「誰からビジネスを学んでいるか」というテーマは、ふだんのちょっとした付き合いとは比較にならないくらい、その人を評価する重要な項目です。

ワシは、試しに参加してみて「セミナーの内容そのもの」よりも「講師の仕事に対するスタンス」に共感できなかった時、できるだけ「その場にいたこと」を発信しないようにします。

場合によっては「しまった、ここにいるんじゃなかった」と思うような場に参加してしまうこともありますが、その場合も、できるだけ「そのこと」に関する情報は、ほかの情報に埋没させるようにします。

「えー、高橋さん、あの人と仲良くしちゃうんだ」

という印象を人から持たれるのがイヤだからです。

自分をブランディングしたいのであれば、あなたにとって「こうなりたい」と思えるような人から学ぶことですね。

もし「ワシから学んでみたい」と思ってくださるのであれば、塾やコンサルティングなど、いろんなメニューをご用意していますよ!

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー

気軽に相談できる「お試し単発コンサルティング」

はじめてのコンサルティング、不安ですよね。
最初から長期の相談をしなくても大丈夫です。
まずはコンサルタントとの「相性」を確認してください。