これでは読まれない、ネット上の自己紹介

移動中で時間が無いときの朝飯は、マックにすることが多いです。

「日本一のマック」での朝食

余談ですが、「日本でいちばん売上げを上げているマクドナルドの店舗」は、名古屋にあることをご存知でしたか?

そのお店での朝食です。朝から大混雑です。


「はやく済ませたいのでファストフードを選択する」

目的があって、手段を選択するわけです。

基本的に自己紹介なんて、自分の好きなようにやればいいんですけどね(笑

勉強会での自己紹介、面接会場での自己紹介、オーディションでの自己紹介、プレゼンコンペでの自己紹介…。

自己紹介も「シーン」によって目的が違うわけです。

同じ自己紹介でも場面によって目的が異なるということは、場面によって手段も異なるということです。

だから、たったひとつの自己紹介文(自己紹介コメント)が、どこでも通用するわけではありません。

この記事で話題に取り上げるのは、以下のような条件下での自己紹介です。

  • ブログやSNSでの、文字数制限がある文面での自己紹介
  • ビジネスで利用していて「ビジネスでの成果を上げたいと思っている」場合

では、実際に多く見かける「読まれない自己紹介」の例を見てみましょう。

時系列で経歴を述べる

これ、多いですね~。

ヘタすると「生まれ」から順を追って、文面の最後で「現在の仕事」がようやくわかる、という人も多いです。

愛知県名古屋市生まれ。地元大学の経済学科を卒業後、通信会社系のシステムエンジニアとして就職し、大手コンビニや家電メーカーの情報システムを担当。
退社後ホームページ制作業として独立し、傍らでウェブデザイナーを育成する講師も務める。現在は名古屋市を中心に個人ビジネスやフリーランスのためのコンサルタントとして活動しています。

これだと、最後まで読まないと現在の仕事がわかりません。

読んでて興味がなければ、途中で読むのをやめてしまうことだってあり得ます。

最後まで読めば、求めている人なのかもしれないのにね。

自分の自己紹介は最後まで読んでもらえることを前提にして書いてはいけません。

あなたの自己紹介を読む人は、途中で読むのをやめることができるのです。

面と向かって自己紹介をしている場合、「これ以上聞きたくないな」と思っても、その場で立ち去る人はあまりいません。

この点が「リアルでの自己紹介」と「読む自己紹介」の大きな違いです。

いまの仕事を先頭に書くのが鉄則ですね。

名古屋市を中心に活動するスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネスやフリーランスの経営安定化、売上アップのお手伝いをしています。公共機関や自主開催でセミナー講師も務めています。
以前は大手通信会社系でシステムエンジニアを務め、後にデザイナー養成スクールでウェブデザイナーを育成したこともあり、システム、デザイン、経営についての現場を体験してきました。詳しい情報は…

大事なことから「補足情報」へと書き進めます。

これはテレビニュースで伝える順番と同じです。

何らかの事情で後半が伝えられなかったとしても、もっとも大事なことだけは伝えられる構成です。

つまり、後ろになればなるほど、「読まれなくても影響が少ない情報」になるわけです。

最初の「現在の仕事」に興味を持ってくれれば、そのあとを読み進めてもらえる可能性も高まります。

どこで、誰に対して、どのような目的で行うのかによって、自己紹介も大きく変わるんですね。

小さなビジネスの売上を2倍にする無料メールマガジン

  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • ひとりビジネスだから体力的な限界で売上が決まってしまう
  • 地元産業の古い慣習から抜け出したい
そんなフリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。
週一回のペースで配信中です。

こんな実績が生まれています。

  • 1年で売上が2倍になった自宅経営のピアノ教室
  • 週3の自宅パソコン業務で3年以上コンスタントに月50万稼ぎ出している主婦
  • コネナシ実績ナシから1年で地元銀行や商工会議所のアドバイザーになったデザイナーAさん
  • 月4万~8万円だった売上を8か月で50万円に伸ばしたデザイナーBさん
  • 地元に強力な競合がいる中での後発にも関わらず地元密着で継続的に売れている整理収納アドバイザー
  • ターゲットの変更により平均客単価が2倍以上に増えたカウンセラー
  • 1ヶ月の取り組みで平均客単価、売上とも1.5倍に増えた地元商店街の化粧品店
  • 集客ゼロからはじめて初月から毎月3名以上の新規集客に成功したクラフト教室
  • 個人相手から企業向けに切り替えて地元メディアでも取り上げられるほど躍進した洋菓子製造業