「これならうまくいくという保証」を求めていませんか?

久しぶりに名古屋の地下鉄に乗ったら、乗り換える駅を間違えました。

ちょうど1年くらい前にも、同じ駅で同じ「乗り換えミス」をしていたことが、自分のブログに書かれていました(笑


誰だって失敗は避けたいですよね。

だから「失敗しそうな方法」は避け、「うまくいきそうな方法」を選ぶのは当然です。

でも、多くの人がここではじめる前に「これならうまくいくという確証」を得ようとします。

「コレやれば大丈夫なんですよね?」

「この方法であればうまくいくんですよね?」

「このやりかたなら売れるんですよね?」

と「自分より詳しい人」に問いかけ、「大丈夫です」という答えを得てから行動する、という人ですね。

でも考えてみてください。

もしここで「大丈夫です」と言ってくれる人がいたら、それはそれでずいぶん優しい人には違いないでしょうが、無責任でもありますよね。

だって、未来を保証できるわけなんて無いんだから。

未来は考えたようにしかならない?

「未来は自分が想像したようにしかならない」

今日のワシカフェでそんな話題になりました。

果たしてそうなのかな。

自分が子供の頃にやりたかった仕事をしている人って、全体の何割くらいでしょうね?

転職した人は、そのときそのときに懸命に考えて決断したと思います。

大事なのは「そのとき」ですね。

今でいう「そのとき」とは、もちろん「今」のことです。

大事なのは未来の予想ではなくて「今どうするか」ですよね。

「やってみる」だけで発見はある

ワシが開催している「ワシカフェ」も、実際に開催していると、予想していなかった発見がいくつもありました。

「やってみる」ってのは、その結果の成否にかかわらず、それだけで勉強になるわけですな。

もちろん、やみくもに行動するのはよくありません。

でも未来に確証は得られませんからね。

乗る電車を間違えたら、乗り換えるだけです。

それは、市内の地下鉄だったからできたことです。

これが新幹線や飛行機だったら、途中で気がついてもアウトになる可能性がありますよね。

だから、いまから決断することの「影響度」を考えて、最悪でも大した影響がない場合には、気軽に行動を起こせばいいんです。

ブログをはじめるときにどのサービスにしよう?

あのセミナーに行こうか?

といった、たとえ間違えても後で修正が効く小さな決断は、ある程度の見通しで行動してしまったほうが速いんです。

行動しないと「自分の知識」になりません。

本で読んだら、セミナーを聞いたら、やってみる。

やらないと、耳学問にとどまってしまい、「実学」になりません。

ワシらはみんな学者ではありません。

使えてこその知識なんですね。

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー

ひとりで経営している人に役立つ無料メルマガ配信中

フリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。