売れるまで何度も試してみる。そのポイントとは。

「1日5分整頓活動」の一環として、銀行の講座を一つ、解約しました。

この通帳も、なんだか棄てにくい

モノだけではなく、周囲からムダが減っていくと、身が軽くなるような気がしますね。


今年の6月から開講したスモールビジネス起業塾「ワシ塾」も、後半戦に突入しました。

全6回の講座のうち、4回目を迎えました

コンサルの場合でもセミナーの場合でも、もちろんこの塾でも、ワシは主に、スタッフ10名以下の「小さなビジネス」に向けてお伝えしています。

この中でワシが繰り返しお伝えしていることがあります。

必ずうまくいく方法はないのだから、小さく試し続けること。

大量に、何度も何度も「試し続ける」ことが大事です。

そのようにお伝えすると、

「そんなに繰り返して試すことができるようなお金や時間は無い」

というお答えをいただきます。

もちろん、「試す」といっても、開発費用がかかる商品をいくつも作り出したり、設備が必要なサービスをたくさん試すわけにはいきません。

追加的な費用がかからない方法で試し続けること

チラシだって、「いろんな内容のチラシを試しに刷って配布する」にはお金がかかります。

だから「試す」には、追加的な費用がかからないこと、もしくはかかっても少額であることが大事です。

「追加的な費用」って、どうゆうことか、わかりますか?

「試す」ごとに毎回毎回、費用がかかっていては、何度も何度も繰り返すことができませんよね。

新聞折込チラシだって、一度試すだけでは10万単位のお金がかかります。

何度も試していて「これだ」という手ごたえを掴む前に、お金が底をついてしまいます。

そのような「試すごとにお金がかかる」ことを「追加的な費用」と言っているのです。

ではこの追加的な費用をできるだけかけずに、「試し続ける」にはどうすればよいのか?

ここで「ネット活用」が注目を浴びるわけです。

アメブロで記事を書き溜めるには、お金がかかりませんね。

Facebookやツイッターで投稿するのも、同じです。

メルマガなどでも、開設する場合にはお金がかかることがありますが、「毎回メルマガを発行するたびにお金がかかる」ということがありませんね。

つまり、ネットの活用では「追加的な費用」がかからないことがほとんどなのです。

何度もチラシの内容を変更して試してみると、毎回お金がかかる。

何度もメルマガの内容を変更して試してみても、毎回のお金はかからない。

大きな違いです。

「いろいろと試してみる」には、ネットのツールが向いているんですね。

スピード感を持って回数を重ねる

「そんなに何度も何度も試しているヒマはない」

という人が焦って、「賭け」に出て、大失敗するようすを、何度も何度も見てきました。

テストもせずに、一発で何十万円もかけてチラシを制作、配布して反響が得られず、窮地に陥った例は、たくさん知っています。

「試している時間はないから」と言っていたのに、結果として失敗していたら、けっきょく時間はかかってしまうのです。

だから「何度も何度もスピード感を持って繰り返す」ことが大事なのです。

新商品のスケッチや企画書、試作品を写真にとって「こんなのどうですか?」とブログで尋ねてみる。

セミナーのアイデアを発表して「受けてみたい人いますか?」と問いかけてみる。

これにはお金がかかりませんよね。

これを「高速で繰り返す」のです。

積極的に試している人は、発信数が多い

だから結果的に「時間当たりの発信数」は、多くなるはずなのです。

つまり「スピード感をもって繰り返し試している人は、しょっちゅう発信している人」のハズなのです。

ところが、ですよ。

売れてなくて悩んでいる人の多くは「試す」ことをしていません。

「前回売れなかった商品」を「前回売れなかった方法」で、前回と同じように、「たまーに」発信しているだけなのです。

売れるわけがありません。

手ごたえを掴むまでは、売れなくて当然なのです。

「こうかな?ああかな?」と工夫を重ねてスピード感を持って繰り返すこと。

そのためには、ネットツールは「追加的な費用」がかからないので、とても都合がよい、ということ。

なのです。

「才能」だけで、オリンピックに出場できたアスリートはいません。

「センス」だけで、プロのミュージシャンに慣れた人は、おそらくいません。

みんな、なんどもなんども「ああかな?こうかな?」と工夫して、練習を繰り返してきたはずです。

「商売だけは違う」という考えって、おかしいですよね。

 

 

さて、間もなく次期「ワシ塾」のお知らせを開始したいと思います。

次回は、東京と大阪でも開校を予定しているほか、「オンライン校」の開設も予定しています。

お知らせ開始をお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー