世の中にナゼいろんな道具があるのか、考えればわかる

「ニュースレターなんか出さなくても、メルマガがあれば一斉にお知らせできますよ」

って言っている人がいましたが、彼はニュースレターを一度も出したことがない人でした。

「小さなお店は、チラシなんか出さなくても、ブログで告知できますよ」

って言ってる人がいましたが、彼はチラシを一度も出したことがない人でした。

「お客さんひとりひとりに手書きでハガキ?印刷で事足りますよ」

って言っている人は、手書きのハガキをお客さんに出したことがありませんでした。

すべて、ワシが実際に聴いたことがあるセリフです。
毎回、「やったこと、あるんですか?」と尋ねます。

たいてい…ないんです^^;

セミナーなどでも

○○なんかしなくても◆◆があれば…

っていうセリフを聴くことがあります。

絶対に間違っている、とは思いません。

でも、気にしていただきたいのは「何を根拠に、そう言っているのか?」です。

いろいろと試してみて、そこに行きついた、ということであれば一聴の価値がありそうですね。

でも
「ワタシは◆◆でうまくいったのだから、○○なんて必要ないんだよ」
という話であれば、やっぱり客観性に欠けるように思うんですよね。

「どんな道具が適しているか」は、みなさんの商売の特性によって、異なってきます。

001
【世の中にナゼいろんな道具が存在するのか、考えればわかる】

ブログが適さない業種だって、きっとあるでしょう。

そんな人も全部ひっくるめて「ブログさえあれば他には要らない」っていうのは、他のいろんなツールの可能性を試したことがない人だったり、様々な商売の特性を考慮したことがない人なんじゃないでしょうかねぇ。

フォローしてね!

スモールビジネスのオンライン勉強会「ワシ勉」