起業1年目の価格設定。ナゼそんなに安いの?

やってしまいがちです。

「本好きあるある」です(笑

「買ったことを忘れてもう一冊買ってしまう」本好きあるある

2冊持っていても仕方がないので、一冊はいつもお世話になっている、「顔出しNG税理士H氏」に差し上げました。

ナゾがかえって人気になりつつある、顔出しNG税理士H氏

自信が無いから価格を安くしてしまう

フリーランスという仕事は、個人事業の中でもとくに

「自分の技量そのものを切り売りしている人」

のことを指します。

(2016年小規模企業白書/中小企業庁より)

デザイナー、ライター、フォトグラファー、通訳、先生業、演奏家、司会業、プログラマー、カイロプラクター、インストラクターやアドバイザー系の人たちですね。

こういった仕事の人が独立したてのとき、どうしても最初に陥ってしまう罠があります。

それは「価格を安くしてしまうこと」です。

最初は実績も少なく、自信も無いため、安く設定してしまいます。

これは、気持ちとしてはとてもよくわかります。

でも、ここからが問題です。

「いったん価格を決めてしまうと、なかなか価格を上げられない」

ということです。

「付随作業」も価格設定に含めていますか?

フリーランスが「直請け」で仕事を請けると、実際の「実作業」のほかに、さまざまな「付随作業」が生まれます。

「実作業」とは、その作業によって「価値=お金」を生んでいる、自分の技量を提供している生産的作業のことです。

翻訳家の人であれば翻訳作業、デザイナーのひとであればデザインすること、ライターの人であれば「書くこと」が、お金を生んでいる実作業です。

付随作業とは、修正依頼や日程調整の電話をする時間や、打ち合わせ、取材、提案プレゼンのことです。

もちろん、それらの準備作業もあります。

さらにバカにならないのは移動時間です。

もっというと、それらの仕事を獲るためにかけた「販促費用」「販促のためにかけた時間」もあります。

たとえば告知ブログやメルマガを書く時間ですね。

これも「付随作業」です。

実作業 = 自分の技量を提供してお金を生んでいる作業

付随作業 = 実作業を進めるためにやらなくてはならない、お金を生まない作業

これらの付随作業は、売上のために必要な作業ではありますが、「その作業そのものが価値を生んでいる」というわけではありません。

「その価格高くない?」と言われたとき、どうしますか

これらの付随作業は、すべて合計すると結構な時間になります。

だけど「この仕事、いくらなら受けられる?」と尋ねられたとき、多くのフリーランスは「実作業」のことだけを計算してしまいます。

だから、不思議なほど安い価格を提示してしまうのです。

自分の価格に自信を持てなくなってしまうのです。

あなたのお客さんとしては、あなたの付随作業のことまで想像が及びません。

少し高めの価格提示をすると

えっ?この作業にどれくらい時間がかかるの?その価格高くない?

と尋ねてきます。

多くの場合、このような質問をする人には悪意がありません。

お客さんは、あなたの付随作業のことまで、想像が及ばないからです。

だけど、あなたはここで「実作業」のことだけを考えてはいけません。

フリーランスは、基本的に「一人で仕事をしている人」なのです。

もし、あなたの「生産性」を時給で計算するとしたら。

「実作業をしている時間」だけで計算したばあい、ソコソコいい時給になるんじゃないでしょうか?

だけど、なぜこんなに忙しいんだろう?

なぜそのわりには、こんなに儲かってないんだろう?

って、あなたは感じているかもしれませんね。

それは、付随作業も含めての時給なのだ、ということに発想が及んでいないからです。

もし、集客を目的として、無料参加のお茶会を開催したとしたら、そのための移動時間や開催している時間も「販促コスト」です。

そう考えると、やっぱりその価格設定は安すぎるんじゃないでしょうかね?

実績を作るための「モニター価格」の設定は、あるていどやむを得ないと思います。

でも「お小遣い稼ぎ」から「独立したフリーランス」になるためには、もう少し価格設定に勇気をもってもいいんじゃないでしょうか。

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー

気軽に相談できる「お試し単発コンサルティング」

はじめてのコンサルティング、不安ですよね。
最初から長期の相談をしなくても大丈夫です。
まずはコンサルタントとの「相性」を確認してください。