やってみればどうってことないことが、なかなかできない理由

使っていないモノが部屋にたくさんあるので、断捨離を励行中です。

精密機器のホコリを吹き飛ばす「エアダスター」

エアダスター

棄てる前にキーボードに使ってみたら、キレイになりましたよ。


セミナーを予定したものの、ほとんど人が集まらずに、開催をとりやめたことがあります。

事前に会議室のキャンセル規定などを把握しておけば

「どの時点で、どれくらいの人が集まっていればそのままGOするか」

ということを、あらかじめ決めておくことができます。

だから、イザふたを開けてみたら人が集まらずにうろたえる、ということはなくなりますね。

「そうか、集まらなかったか、じゃぁ中止だ」ってことですね。

予定していたセミナーを中止する場合、「人知れず」ひっそりと中止するわけです(笑

ワシの発信を注意深く見ていれば、そういったワシの失敗は、周囲にも見えているハズです。

「ざまぁみろ」

ワシのことを快く思っていない人は、そう思ったかもしれません。

行動できない人の多くは、これがコワいのではないでしょうか。

失敗そのものよりも、「失敗しているところを人に見られること」がイヤなんじゃないですか?

ビビる理由は失敗そのものよりも「人の目」

だって、セミナーに人が集まらなかったとしても、会議室をキャンセルできれば実質的な損失額はゼロ円です。

キャンセル料が発生したとしても、損失額は予め明らかです。

だから、失敗そのものはコワくないはずですよね。

ということはやはり「失敗を人に見られること」がイヤなんでしょうね。

子供の頃にみんなができた「逆上がり」ができなかった子は、とても恥ずかしい思いをしたと思います。

子供の頃の「みんなができることができなかった」という経験は、ほとんどの人にあると思います。

あれ、恥ずかしいものですよね。

だけど、逆上がりができなかったからと言って、

背泳ぎができなかったからといって、

リコーダーがうまく吹けなかったからといって、

それで恥ずかしい思いをしたからと言って、

いま、何か困っていますか?

周囲の「やーい、やーい」という声が嫌だっただけですよね。

彼らだって、たまたま逆上がりができたというだけで、他の「何か」はできなかったかもしれません。

それに大人になってから「やーい、やーい」という声をじっさいに聞くことはないでしょう。

お酒の席で「しょせんあんなヤツは」という話を耳にすることはあります。

そうゆう人って、とても幼稚で未熟な人だなぁと思いませんか。

そうゆう人のこと、あなたは好きですか。

そうゆう発言をする人は往々にして自分に自信が無いものです。

だから「ざまぁみろ」というコトバをドンと受け入れる姿勢さえできれば、ホントに心は自由になりますよ。

「あなたは挑戦したのか?」

やってダメだったら、次は工夫する。

それでOK。

ブログ活用だとか、メルマガ活用だとか、ブランディング戦略だとか、そんなのは全部、あとからでいいんです。

それよりも先に大事になるのは

「ざまぁみろ」ドンと来い

というスタンスのほうです。

「恥ずかしさを乗り越える」

最初の壁は、そこにあるのかもしれません。

 

1,000人の経営者に読まれているメールマガジン

  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • ひとりビジネスだから体力的な限界で売上が決まってしまう
  • 地元産業の古い慣習から抜け出したい
そんなフリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。
週一回のペースで配信中です。

こんな実績が生まれています。

  • 1年で売上が2倍になった自宅経営のピアノ教室
  • 週3の自宅パソコン業務で3年以上コンスタントに月50万稼ぎ出している主婦
  • コネナシ実績ナシから1年で地元銀行や商工会議所のアドバイザーになったデザイナーAさん
  • 月4万~8万円だった売上を8か月で50万円に伸ばしたデザイナーBさん
  • 地元に強力な競合がいる中での後発にも関わらず地元密着で継続的に売れている整理収納アドバイザー
  • ターゲットの変更により平均客単価が2倍以上に増えたカウンセラー
  • 1ヶ月の取り組みで平均客単価、売上とも1.5倍に増えた地元商店街の化粧品店
  • 集客ゼロからはじめて初月から毎月3名以上の新規集客に成功したクラフト教室
  • 個人相手から企業向けに切り替えて地元メディアでも取り上げられるほど躍進した洋菓子製造業