わかったつもり?わかりやすい伝え方

昨日、こちらの先生とZOOMで「朝活」をしていました。

ネットショップコンサルタントの森よしあき先生です。

この中で、「人のコミュニケーション力」についての話題になりました。

仕事相手をえらぶときに「コミュニケーション力」だとか「礼儀」だとか、大事だよねぇ。

というお話しになったんです。

「書類の差し出しかた」でコミュニケーション力がわかる?

このとき、ワシが思い出したのは、アートディレクターの佐藤可士和氏の「就職面接」の話題です。

佐藤可士和(さとう・かしわ)氏は、セブンイレブンやユニクロなど大手企業の広告戦略を手掛けるアートディレクターです。

彼の事務所でも、新人のデザイナーを採用することがあります。

デザイン事務所ですから、就職希望者は選考資料として「これまで自分が手掛けたデザイン」を書類で持ってきています。

「では、いままでの作品を見せていただきましょうか」

と面接官がお伝えしたときに、就職希望者がどのようにして書類を渡すか。

これで、コミュニケーション力がわかるそうです。

無造作に渡すのか、相手から見て書類が正面に見えるように向きを整えて渡すのか。

些細なことかもしれません。

でもワシはこの話を知った時、妙に納得できたんですよね。

「相手が受け取りやすいように渡す」のは、コミュニケーションの基本だからです。

デザインの仕事って、コミュニケーション力がとても大事です。

依頼者の意図を汲み取ったり、汲み取った依頼者の意図通りにデザインと言うツールを使って「伝える」のが、デザインの仕事だからです。

形や見た目(ビジュアル)にこだわって、コミュニケーションができない人は、いくら「美しいモノ」を作れたとしても、よいデザイナーとは言えませんね。

(実はそんなコミュニケーション力が欠如したデザイナーがたくさんいるのは嘆かわしい状態ですが)

これはデザインの世界だけに関わらず、文章でも「会話」でも、本質的には同じです。

何を言っているのかわからない人に仕事は頼まない

先のデザイン事務所だけではなく、多くの企業の「就職面接」では、なにげない質問をしているようでいて、実は相手のコミュニケーション力を試していることが多いんです。

人は、言動や「反応」というアウトプットを通じて、自分のコミュニケーション力を外部に表わしているんですね。

だから、ブログで発信する文章って、読み手からも厳しくコミュニケーション力をチェックされる材料になっている、ということです。

たくさん発信すれば効果が上がるからと言って、読んでもよくわからない文章ばかり書いていたら、仕事が来るようにはなりませんね。

わかってもらうために必要なのは「わかるとはなにか」を知ること

ウレシイことに、ワシのコンサルや塾を受けてくださったかたの多くは「わかりやすい」と言ってくださいます。

「わかりやすさ」については、人一倍、勉強しているつもりです。

この中でいちばん衝撃的だった本は、一番手前の「わかったつもり」というタイトルの本です。

実はこの本「伝える側」の本ではなくて、「受ける側」の本なんです。

よりよく読むための、より理解するための本です。

つまり「なぜあなたは、わからないのか」という本です。

小学校の教科書に出てくる文章が例文として出てくるのですが、そのあとの質問に応えてみると、いかに自分が理解できていなかったのかを知って、愕然としますよ。

小学生が読む文章でさえ「わかったつもり」になっていて、きちんと理解できていないのです。

この本では「読み手は、わかったつもりでいて、実はどれだけわかっていないか」が、よくわかるのです。

「読み手はなぜわからないのか」がわかれば、こちらも手の打ちようがある、ということですね。

伝える側としては「どうしたら伝わるか」ということばかり考えてしまいがちです。

だけどそれって「こちら目線」ですよね。

「あちら目線」で見ると「なぜわからないのか」という問題になります。

相手側の事情を理解することなく「伝えるためのテクニック」だけを学んでも、巧く伝わりそうにありませんよね。

まず「伝えられる側の気持ちや事情を理解する」ことが、巧く伝えられる近道なんじゃないでしょうかね。

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー

ワシ塾プレセミナー&説明会

起業したいけど、起業して見たけど、経営の経験もないし、何を勉強したらよいのかもわからない!そんな方に向けたセミナーです。