楽しんでいない人とは楽しめない

ワシ、お笑いが好きです。

新人の芸人さんが出てくると、「売れるか売れないか」、売れだした芸人さんを見ると「人気が長く続くか続かないか」、だいたい言い当てることができます。

芸人さんたちの「戦略」を考察するのも、楽しいです。

華々しくゴールデンのMCを務める芸人さんたちも好きだけど、地味に生き残りを図る芸人さんたちも(彼らのネタはともかくとして)考察のネタとしては、オモシロい存在です。

そんな中で、ワシが「頭をつかって生き残っているな~」と感じている芸人さんが本を書いていたことを知りました。

001_450< この本を知ったのは、あのネット上の有名人がフェイスブックで紹介していたからです。

読んでみて…。

正直に言うと、文章がヘタで読みにくい。

でも、コンビを何組も解散させた挙句「南海キャンディーズ」を結成して、自分の自然なスタンスを発見するくだりでは、大きな共感がありました。

自分が自然に楽しいと思える状態。

これがいかに大切か、ということです。

カンタンなように見えて、案外難しいものです。

勇気が要るんです。

でも、難しいと思い込みすぎても、実現はできません。

楽しいと思って何かに集中している人の周りには人が集まってきます。

理由は簡単です。

楽しんでる人と一緒にいると楽しいからです。

これは、2009年に世界中で話題になった動画です。

一人の人が踊り始めると、徐々に人が増え、巨大なダンスパーティになっていく様子。

はじめに一人で踊り始めるには、勇気が要るんですね。

フォローしてね!

フリーランス、個人事業者向け経営相談会

個人ビジネスのお悩み解消のための、一回限りのコンサルティング。人数限定。