個人ビジネスのビジネスモデル

起業して最初のころは、仕事を獲るのに必死ですよね。

仕事があれば満足で、「今月もなんとかなった」という安堵感と「来月も同じように過ごせるだろうか」という不安が入り混じります。

継続的に仕事が入ってきたら、もっと安心できるだろうに…。

では、本当に仕事が継続的にあったら、それで安心できるでしょうか。

仕事が入ってきて、作業して、納品して、お金をいただく。

仕事が入ってきて、作業して、納品して、お金をいただく。

仕事が入ってきて、作業して、納品して、お金をいただく。

…。

繰り返していると、またまた不安になってきます。

これがいつまで続くのだろう?

個人ビジネスの多くが抱えている特徴とは

フリーランスをはじめ、個人で営業している仕事の多くは、労働集約性が強い仕事です。

つまり「体を動かしてお金に換える」「時間を提供してお金に換える」というタイプのお仕事が多いことです。

フォトグラファー、ライター、デザイナー。ほかにも、セミナー講師やアドバイザー業、一部のコンサルタントも同じです。

  • ある場所に行き、セミナーを行う。
  • お客さんのもとに出向き、コンサルティングを行う。
  • お客さんのチラシを作成する。
  • マルシェで販売するクラフト作品を作成する。
  • お客さんの写真を撮影する

このあいだ、自分自身のからだは特定の仕事のために拘束され、他の仕事をすることができません。

自分のカラダ(時間)を、ある特定のお客さんのために提供し、お金に換えています。

「仕事とお金」が「1対1」でヒモづけられていますね。

売上げを増やすには、単価を上げるか、仕事を効率化するしかありません。

このタイプの仕事は労働集約型の仕事と言い、タイプ的には肉体労働と同じです。

それに比べると、もっと頭を使って、効率的に「自分の技術」や「自分の知識」をお金に換えている人たちもいます。

その仕組みは、さまざまです。

スタッフを抱えて組織化することもありますし、ITを駆使して効率化している人もいます。

サービスのラインアップに工夫を加えて、収益性を上げる(より儲かる)仕組みを考え出す人もいます。

それらの「お金に換える仕組み」がビジネスモデルです。

自分で新たなビジネスモデルを考え出そうとすると、時間がかかりますし、そうとう頭がよくないと、できません。

だから「人の仕組み」を勉強することが大事です。

すぐれた仕組みは目に見えない

「忙しくて儲かっている人」は、見ていてわかりやすいです。

でも中には、忙しそうに見えないのに儲かっている人や、儲かってなさそうに見える人が、実はとんでもなく儲かっている、という場合があります。

これが「仕組みで儲けている人」です。

仕組みって、商品と違って形がありませんから、ボーっと生きていると見えません。

なぜ無料で利用できるサイトが儲けることができるのか。

なぜあの会社は安くしても儲けられるのか。

こういった「仕組み」に目を向けないと、表面上の「儲からない安売り」に引きずり込まれてしまいます。

あたらしいビジネスモデルを考え出した人は、世界的な企業に成長します。

ワシらがそのようなことを考え出すのは、ムリとまでは言いませんが、効率が悪いです。

ある業界で使われているビジネスモデルを、別の業界に当てはめるだけで儲けている人がたくさんいます。

もっというと、同業者のビジネスモデルでさえ、ちょっとした「違い」をつけ加えれば、独自の仕組みを作ることができるのです。

ワシらが狙うのは、この線です。

なぜ、それで儲かっているのか。

12月に東京、大阪、名古屋で予定されているセミナーでは、そんな「個人でも作れるビジネスモデル」のお話しもさせていただきます。

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー

ワシ塾プレセミナー&説明会

起業したいけど、起業して見たけど、経営の経験もないし、何を勉強したらよいのかもわからない!そんな方に向けたセミナーです。