個人事業でもビジネスプランがあったほうがいいのか?

ここ最近立て続けに、何人かの起業家のかたがたのビジネスプランシートや事業計画書を拝見する機会がありました。

おひとりは起業して3年前後、おひとりは1年未満です。

このタイミングで、こういったビジネスプランや、「自分のビジネスを人に説明するための資料」をちゃんと作りこんであるのは、すばらしいことです。

つまり、こういった資料を作っていない人がほとんど、ということですね。

ドキッとしました?笑

個人でもビジネスプランを作ったほうがいい理由

まず、個人でビジネスをやっている人の中でも、自身で「軸が定まっていないな」と思う人は、ビジネスプランを作ったほうがイイです。

ビジネスプランを作る作業は「軸を作る作業」「軸を決める作業」にほかならないからです。

ビジネスは、1人で行うことはできません。

お客さんや取引先、協力者がいて、初めて成り立ちます。

こういった関係者に「自分は何をしようとしているのか」「私のビジネスは何か」ということをお伝えするのが、ビジネスプランなんですね。

「口頭で説明すればいいではないか」という人に限って、説明するたびに内容が変わっていたり、人がわかるように説明できていなかったりします。

「ひとにわかってもらう」ためにも、ビジネスプランは作ったほうがいいんですね。

  • 自分がやろうとしていることを自分が理解し、迷ったときの判断の基準になる
  • 人に理解してもらうため、協力してもらうための資料になる

自分の夢を熱っぽく語る人はたくさんいますが、そのときに資料を携えてくる人はほとんどいません。

いくら熱っぽく語っても、資料があるかどうかで、人から見たときの「本気度」は違うのです。

公的機関の支援を受けやすい

このブログを見ている人の中には、融資(借入)を受けている人は少ないと思います。

でも、公的な助成金(つまりお金を援助してくれる制度)があることは、ご存知ですか?

つまり、ちゃんと相手がわかるように説明できれば、「返さなくてもよいお金」を助けてくれる制度があるんです。

こういった制度を利用するには、「ビジネスプラン」がしっかりしていることが不可欠です。

そのために、こういった書面を作るんですね。

「なんちゃって起業」から「おおやけに認められる起業」になるための、ステップだと考えればイイと思います。

「プチ起業」のうちは、無くてもよいかもしれません。

だけど、本当に事業として伸ばしていきたいのであれば、作ることをオススメします。

作り方がわからないかたは、いちどご相談くださいね。

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー

起業初心者向けのビジネス入門塾「ワシ塾」

ひとり起業で遠回りしない人が最短距離で事業を軌道に乗せるための塾。
はじめて起業する人のための塾です。