ピアノ教室の経営戦略。ひとりビジネスこそ「商品開発」しよう

ワシの周囲で「ヒット」が連発していて、うれしい限りです。

ヒット商品、ヒットサービスが生まれています。

今回その口火を切ってくれたのは、静岡県裾野市のピアノ教室の先生、「ちーぼー先生」こと、山田千春先生です。

ヒットのヒミツは、やっぱり「サービスの見直し」ですね。

ピアノ教室って、みんな同じようなカリキュラムで、同じような構成、同じような内容。

それは、その教室の先生が習ってきた内容そのものです。

つまり、何十年も進化していないんですねぇ。

それって、本当に「ピアノを弾きたいと思っている人」が求めている内容なんだろうか?

っていう点から、検討をスタートしました。

売れない商品はがんばっても売れない

とくに個人レベルのビジネスで、「売れない」のだとしたら、理由はほぼ、2つに集約されます。

  • 求められていない商品を売っている
  • 売り方がおかしいか、そもそも売っていることを誰も知らない

ネット上で(とくにアメブロ上で)見かけるコンサルティングの内容のほとんどは、後者「うりかた」に関するアドバイスを主体にしています。

売れていない商品を売っている人が、ブログの投稿数を2倍にしたら、売れるようになるんでしょうか?

売れていない商品を売っている人が、奇抜な衣装だとか奇をてらった発信で目立てば、売れるようになるんでしょうか?

欲しい人がいるはずなのに売れない理由は

売れる商品のハズなのに、売れない。

他の人が売ると売れるのに、自分が売ると売れない。

これは単に「欲しい人に対して、提供している人が多い」からかもしれません。

この場合は価格競争に陥りやすいですね。

ピアノを習いたい人は0人ではないハズ。

だけど、ピアノ教室はたくさんある。

「同じようなピアノ教室がたくさんある」とお客さんが思った場合、価格で選ぶことになります。

「違い」を出す必要があるわけです。

ここで間違いやすい点があります。

違いを出そうとするあまり、誰も欲しがらない「違い」をアピールしてしまう。

ことです。

すると、ますます売れないくなってしまいます。

実はこれ、よくあるケースなんです。

ひょっとしたら、あなたもそうかもしれません。

商売替えではなくて「商品の見直し」とは

多くの人は、自分の商品に思い入れや自信があります。

「この商品のよささえ分かってくれれば、売れるはずだ!」と思っている人が多いです。

だから「商品を見直しましょう」というと、多くの人が反発をします。

だけど、多くの場合は「商売替えしましょう」ということを言っているのではありません。

先の「ちーぼー先生」の場合でも、「ピアノ教室をやめて、別のことをやりましょう」とお伝えしたわけではありませんよね。

  • ピアノ教室の「ありかた」ってそれがベストだろうか?
  • ピアノを弾きたい人は、「教えてくれる人」に何を求めているんだろうか?

ってことを、もういちど考え直してみただけです。

ひとことで「ピアノを習う」といっても、動機やきっかけは、さまざまなはずです。

  • プロのピアニスト(演奏家)を目指したい。
  • ピアノ教室の先生になりたい。
  • ミュージシャンになりたい。自分で作曲したい。
  • 保育園の先生になりたいので、習う必要がある。
  • ピアノが弾けるってなんかカッコイイから弾いてみたい。

これらのお客さんに対して、たったひとこと「ピアノ教室です」とだけお伝えして、果たして伝わるでしょうか?

商品、ピアノ教室で言えば「コース」だとか「プラン」は、たったひとつで、対応できるんでしょうか?

対応できたとしても、お客さんは対応してもらえると思うでしょうか?

これが「商品開発」なんです。

小さなビジネスこそ「商品開発」

「商品開発」というと、大手企業が、「商品開発室」などで研究者を抱えて進めるイメージがありますね。

だけど、サービス業の「コース」や「プラン」といったサービス内容を考えるのも、商品開発ですよ。

そしてこの「サービス内容」が、売れるかどうかに大きく関わってくるわけです。

売れる可能性があるモノを、SNSやブログを活用して「発信」してはじめて、「売れる状態」をつくることができます。

そのために「商品を作る」という発想を、ひとりビジネスの人でも持っていてほしいと思います。

「サービス業」の個人事業、個人店、フリーランスで、自分オリジナルの「売れる商品をつくりたい」と思う方は、ぜひいちど「相談会」「単発コンサル」でご相談くださいね。

遠地のかたでもオンラインでもご相談いただけます。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

フォローしてね!

ひとりで起業するなら起業アイデア=ビジネスモデルが大事

「今から起業したいけど、どんなビジネスにしたらよいのか?」
「すでに起業したけど、なぜこんなにもうまくいかないのか?」
ひとりで起業するのなら、どんな起業アイデアを選ぶのかという「ビジネスモデルの選択」が大事です。
ひとりで起業するときの「ビジネスモデル選び」について詳しく解説しています。