お客さんは何を手掛かりにして買うのでしょう?

高校生の頃、「好きな音楽は?」と尋ねられて「クイーンです」と応えたら、よく引かれていました!

おそらく、当時「音楽好き」を自称している人たちにとっては、正統派ではなかったんでしょうねぇ。

クイーンのフレディ・マーキュリーと言えば、派手なマイクパフォーマンスや、奇抜な衣装でも知られています。

音楽を演奏する舞台の上で「パフォーマンス」がはじまったのは、ロックという音楽が誕生してからのことです。

それまでの音楽演奏というと、みな同じ揃いのスーツを着て「行儀よく」演奏するのが普通でした。

初期のビートルズも、みな同じスーツを着ていますね。

だけど、ロック誕生以後、メンバーはみな思い思いの、普段着のような格好でステージに登場し始めました。

ナンじゃこれは?

と「正統派」のひとたちは、認めなかったでしょうねぇ。

だけど、先進的な人たちは、気がついていたんですねぇ。

音楽以外の要素も、その音楽がどんなものであるかをあらわしているんだ。

ってことを。

商品以外の「その商品がどんなものであるかをあらわしているもの」とは

これって、ビジネスでもとても重要なことなんですよ。

商品以外の、「その商品がどんなものであるのかをあらわしているもの」とは?

サービス以外の「そのサービスがどんなものであるのかをあらわしているもの」とは?

たとえば商品が入っている箱。商品名。色。

たとえばサービスを提供するお店の外観、店員さんの服装。店名。

これらはすべて、お客さんが

この商品を買うか?このお店に入るか?

ということを判断する材料になっている、ということなのです。

自分の好きなようにやればいい、ホントに?

さきほどの、ロックの先駆けとなったローリングストーンズ(以下「ストーンズ」)というグループは、GパンやTシャツなど、みな思い思いの、自由な服装で登場しました。

「優等生のビートルズ」に対して、「ワイルドで不良のストーンズ」というイメージで売り出したのです。

だけど、大事なのはここからです。

これ、ローリングストーンズのメンバーが自分たちの好みではじめたことではなくて、プロデューサーの「狙い」だったんですねぇ。

ストーンズのメンバーは当初、「汚い恰好」「下品な格好」で活動するのを嫌がっていたくらいなのです。

つまり「彼らの好みで」あのような格好をしていたわけではなくて、意識的に、売れるために、あのような格好をしていた、ということなのです。

ビートルズという、強力な先行者が存在する中で、違いを明らかにしなくては、という意図があったんでしょうね。

結果的に、メンバーが思い思いの格好をすることが「ロックの定番」になっていきました。

1968年の発売当初は「ジャケット写真が下品だ」として発売できなかった、ストーンズのアルバム。
いま見ると、どうってことない。

つまり「狙い」が先にあって、その狙いに「イメージ」を合わせていくことが大事、ってことです。

個人事業の人たちは、「自分がスキかどうか」という基準で、お店の名前から外観、商品名などを作ることが多いです。

多くの場合、それがお店や会社の方向性と合っているので、問題が起きません。

だけど「自分の思い入れ」が大きすぎると、「それがお客さんに対して、どのように伝わるか」ということを、忘れてしまいがちです。

どうするのか、どうしたいのか、っていう「狙い」が先、ってことだけ、覚えておいてくださいね。

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー

ワシ塾プレセミナー&説明会

起業したいけど、起業して見たけど、経営の経験もないし、何を勉強したらよいのかもわからない!そんな方に向けたセミナーです。