100%共感はあり得ない

いろんな方のブログを見てて、

「どの記事もすべて共感できる。同感だ。」

というケースは、まずありえません。

あったとしたら、かえって不気味です。

100%支持は、100%反感に変わりやすいからです。

(タレントブログの炎上などは、そのようなとても単純な感情から生まれていると思います)

「少なくとも、この記事に書いてあることは共感できる。」

「細かなところは共感できないことも多いが、大筋では自分も同じように思う。」

というのでじゅうぶんなんじゃないでしょうか。

100%共感できる人を捜し求めてさまよい、少しでも自分の期待と違っていたら「ちぇっ」ってカンジで批判する。

そんな人にはなりたくありません。

100%共感できる人なんて、いないんですから。

もし、この世にもう一人の自分がいたとして、その「もう一人の自分」に対して、果たして自分は100%共感できるでしょうか?

嫌われることを恐れすぎて、記事を更新できない、というのは、100%気に入られようとしているから。

どだい無理な話。

だからといって、投げやりになるのもよくないけど^^;

001_450

どんより空模様。今から「あの男」のセミナー行ってきます。

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー