百のゴタクよりひとつの失敗。起業の真実

年末にかけて三都市でドドッと開催する「ワシセミナー」。

その第一弾、東京神保町での開催を、昨日終えました。

セミナータイトルは「遠回りしない起業のコツ」セミナーです。

今回のセミナーは、完全「書き下ろし」、つまりこのセミナーのために全編あらたに作った内容です。

初めての試みとして「ワシの過去」について、全体の1/3ほどの時間を割いてお話ししました。

ワシの「遠回りの歴史」と、それをいま振り返って「何が遠回りする要因だったのか」と分析することで、みなさんの「遠回り防止」のお役に立てれば、と思ったのです。

よく、個人開催のセミナーでは、講師の先生の「ダメだった過去」を聴くことがあります。

こんな私でも、今ではこのようになれた

という「落差」が大きいほうが、人の心を動かしやすいからですね。

なので、「ダメだった過去」を、現実以上に「盛って」いる人もいるほどです。

ワシも「ダメだった過去」を公開するよう、人から勧められたことが、何度も何度もあります。

でも、なかなかできなかったんですよね~。

やっぱりまだ当時の「痛さ」が、過去のモノのとして冷静に見られないからです。

「知っている」と「やってみた」の差は、無限大に大きい

ワシには、「長らく経営の勉強をしくしているのに売れなかった」というイタイ過去があります。

今考えると、その理由は至ってシンプルで、知っているけどやってみなかったから、のひとことに尽きます。

いろいろなできごとを経て、やっと

自分が知っていると思っていたことは、こうゆうことだったのか

とわかりかけた時には、喜びよりも、気が抜けるような感覚、ガックリと膝を落とすような感覚でした。

やらないとわからないから、小さく速くたくさん試す

じっくりと構想を練って打ち出した事業だって、コケるときはコケます。

ノープランではじめるのはよくないけど、やってもいないプランをひたすら磨くことに時間をかけるのも、ムダが大きいです。

だから早く試そう、とお伝えしているんですね。

どっちみち、ほとんどの考えが最初は失敗に終わるのですから。

実際にワシがたどった道も、まさにそれでした。

サービスを提供しながら、磨いていく。

百のゴタクより一つの失敗から得られることのほうが、大きいんです。

コレがお伝えできたので、今回のセミナーの「伝え手」としては満足です。

あとはあなたの課題です。

このセミナー、間もなく大阪と名古屋でも開催します。

まだ席がありますが、間もなく開催ですので、お申し込みはお急ぎくださいね。

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー

遠回りしない起業セミナー2019

勢いで起業してみたけど、ぜんぜんうまくいかない!何を勉強したらよいのかもわからない!そんな方に向けたセミナーです。