あなたの思う「お客さんの要望」はホントに存在するのか

ウカウカしていると、「気がついたら翌年だった」ってなりかねない時期ですね~。

仕事をしていても「あとちょっとで終了時間だ」って思うと、手元がおろそかになりますよね。

年末も同じで、「今年もあとちょっと」と思ってしまうと、数日を無益に過ごしてしまうことになりかねません。

「休むつもりで休む」というのであれば大いに結構ですが、問題なのは「仕事をするつもりだったのに流してしまった」ってヤツですね。

アナウンサーの仕事でも、難しい原稿を読んで、「読み終えた」と思ったとたんに気が緩み、最後のあいさつで噛んだりしてしまうそうです。

さて、ここ数日、単発のオンラインコンサルを何件かお届けしていました。

オンラインコンサルの時に重宝しているマイク

これから起業する人もいれば、起業して数年で、足場を固めつつある人もいます。

この中で、何人もの方にお伝えした言葉が「早く世に出せ」というコトバでした。

自分の考えの正しさを証明するには「世に出す」以外にない

「こんなサービスを出したら売れるんじゃないか」

「この価格で売れるかな」

「この内容で大丈夫かな」

これから起業する人も、新しいサービスを検討している方も、こんな内容で悩んでいます。

これってすべて、あなたの頭の中で考えた「仮説」なんですよね。

「こんな人の意見を聞いたことがあるから、このようなサービスで売り出せば売れるはずだ」

「他のサービスを見ても、この価格なら受け入れてもらえるんじゃないか」

「たぶんこの内容で満足してもらえるだろう」

どれも、「こうなるはずだ」という、まだ実現していないことが、頭の中にあるだけなんですよね。

この状態で「売れるかな?」といくら考えても、何日考えても、答えは出ません。

仮説は永遠に仮説のままなのです。

コンサルだって「こたえ」を持っているわけではありません。

「売りにくいサービスだ」とコンサルタントが見ていても、実際に世に出してみたら売れることだってあり得ます。

また、いくらコンサルタントが「その商品は難しいですよ」と指摘しても、自分の考えに思い入れがある人は、その指摘によって考えを変えようとはしません。

「売れるはずだ」という考えが妥当だったかどうかを確認するには「実際に売ってみる」以外にないわけです。

ダメならダメで、はやく「ダメだった」という結果を目にしたほうがよいのです。

それによって「仮説」だったものが、「検証」されて、少しは前に進むじゃありませんか。

ダメだったらダメだったで「売り方がまずかったか」「そもそも求められていないサービスなのか」といったことを考えはじめます。

「こんなサービスがあったらいいのに」

とお客さんから聞いて作ったサービスでさえも、実際に出してみたら、その意見を言ってくれた人でさえ買ってくれなかった、なんてことは、ザラにあることなのです。

いくら「お客さんの要望で作った商品」でも、「本当にお金を払ってもよい要望かどうか」は、売り出してみないとわからない、ってことです。

大手の企業でも「テストマーケティング」という名で、地域を限定して売り出したり、ネットだけで販売したりして「手ごたえ」を確認しています。

頭の中で考えているだけではなくて、不十分な企画であっても、いちど世に出してみる。

もしあなたが、これまでずっと考えている人だったとしたら。

2019年は、どんなに小さな形であっても、世に出してみる。

ことを目標にしてみてはどうでしょう。

たとえ惨敗だったとしても、世の中の見え方が変わると思いますよ。

なかなか踏み切れない人は、新年からコンサルへの相談を開始してみる、という選択もアリかもしれません。

すでにその選択をした人もいますよ。

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー

気軽に相談できる「単発コンサルティング」

はじめてのコンサルティング、不安ですよね。
最初から長期の相談をしなくても大丈夫です。
まずはコンサルタントとの「相性」を確認してください。