起業したばかりのあなたがやるべき、たったふたつのこと

ここのところ、ライトな「ビジネス書の新刊」を買う機会が減りました。

そのぶん、やや難しめの本を、時間をかけて読むことが増えました。

何人かの有名な経営者のかたが、そのほうがよいと言っているのを知ったからです。

多読派から精読派へ。両立は難しいのかな。

どうやら、ほんとうに「自分に役立つ知識」は、こちらのほうが身に付くようです。

さて、起業直後のかたの「課題」を聞いていると、驚くことがあります。

「そこにお金と時間を使っちゃうの?」

という驚きです。

やっぱりホームページはあったほうがいいよね。

ブログのデザインは、プロに頼んで整えたほうがイイよね。

名刺もデザイナーに頼んで立派なヤツにしたほうがいいよね。

プロフィール写真も、スタジオで撮ったキレイな写真のほうがブランディングになるよね。

いえ。

そんなものは、ぜんぶ「後回し」です!

初期の起業をささえる、たったふたつのこと

起業したばかりの人は、手持ち資金がキビシイはずです。

そんな中で、早く売上げに結び付けないと、ビジネスはどのみち「終了」になります。

そうならないためには、最初は「たったふたつのこと」に集中すべきです。

最初にやるべきことは「それ」ではありません!

今回のメルマガは本当に大事なことについてお伝えしますので、ぜひ読んでいただきたいです。

もし今、売れていないのだとしたら。

このことに集中しないと「終了」が早く訪れますよ。

メルマガ「起業したばかりの人がやるべき、たったふたつのこと」

は、1月10日の午後5時に配信します。

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー