交通事故に遭いたくなければ、家から一歩も出なければいい

ワシ、子供の写真、SNSにアップしてますけどね^^

001

子供の写真、SNSにアップすると危険なんですって。

「誰が見てるかわかんないから」
ですって。

どこにいるか、わかっちゃうからですって。

子供の名前がわかっちゃうからですって。

笑う。

じゃ、SNSを使っていない人の子供は、見ず知らずの人に見られていないし、名前も知られていないし、どこにいるのかも知られていないとでもいうんですかね?

見ず知らずの人に子供を見られるのは、マズイことなのか?

外出すると、誰が見てるかわかんないよね。

じゃ、出かけるの、やめないとね。

え?子供に覆面もかぶせずに出かけるの?

なんて無責任な親だ!

ってね(笑

子供を外に連れ出すときには、覆面かぶせて、名前も呼べないね~。

データから場所なんか割り出さなくても、目の前にいるわけだし。

絶対に車にハネられない方法があるよ。

家から一歩も出ないことだよ。

でも、地震や火災の可能性はゼロではないよ。

そんな世の中に、ワシらは生きているんだよ。

リスクをゼロにするには、いっさいの活動を停止するしかない

リスクを完全にゼロにしようなんて、バカげた考えだよ。

リスクはなくならないんだよ。

把握して、コントロールするんだよ。

この記事を読んでみるのがイイと思う。

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー