動いているのに儲からない、という人へ

ワシのコンサルクライアントさんや塾生の間で、普及している活動があります。

それが

1動き1ゲット活動

コレを最初に提唱したのは、「自宅サロン向けインテリアアドバイザー」の、難波英津子さん。

コレ、イイ考え方だな!と思ったので、さっそくワシも取り入れています。

動き回っているのに、売上が上がらない?

たとえば、遠地でのセミナーやイベントに参加して帰ってくる。

レジャーのために出向く。

多くの場合は、時間とお金を使って帰ってきますね。

「活動に対する収支」で考えるとマイナスです。

これを少しでもプラスにできないか?せめてマイナスを少なくすることはできないか?

これが「1動き1ゲット活動」の発想です。

もちろん、仕事のために移動した場合だって、「その仕事だけをして帰ってくる」のではなくて、ほかに「売上につなげる活動をして帰ってくる」という発想です。

自分の「動き」に対する収支を考える

たとえば先日、ワシは山形県でセミナー講師を務めました。

電車ですと、片道5時間です。

1日で往復は不可能ではありませんが、体力的にしんどいので、一泊しました。

すると、3時間のセミナーのために、電車往復の10時間と、1泊の時間を費やしていることになります。

セミナー講師という「売上げをもたらす仕事」をするための活動ではありますが、移動のための時間も考慮すると「時間単価」はずいぶんと低くなってしまいますね。

「どれだけの時間をかけて、どれだけのお金を得ているか」で考えると、ずいぶんと安くなってしまうのです。

つまり「活動量に対する売上は低い」ってことです。

ここから「1動き1ゲット活動」の発想を取り入れてみます。

活動量に対する単価を上げる

一泊してから帰りの移動をするのですから、セミナーの翌日も半日以上が移動で潰れることになります。

ならばせめて、翌日の午前中だけでも「売上」につなげる活動をしたいですね。

そこでワシは事前にメルマガで

〇月〇日限定で、山形市内でマンツーマンのコンサルティングしますよ

というお知らせをしました。

せっかく山形市内にいるので「対面でのコンサルいかがですか」ということです。

これに対して、お申し込みを一件いただきましたので、コンサルティングを提供しました。

つまり、本来であれば往復10時間と1泊という時間を費やして「セミナー1回分」の売上だけを上げる活動に終わってしまうはずでしたが、「セミナー1回分+コンサル1回分」の売上を上げることができたわけです。

これが活動量に対する単価を上げる「1動き1ゲット活動」です。

どうせ行くのなら、何かできないか

直接的に「売上」に結び付けることができない場合であっても、「どうせ移動するのだから、何かできないか」を考えることは大事です。

ふだん行かない場所に出向くのであれば、せめてチラシをポスティングして帰ってくる。

同じ方面にいるひととアポを取って打ち合わせをしてくる。

「次の仕事」につながる活動をしてくることが大事ですね。

この考え方を最初に提供してくれた「自宅サロンのインテリアアドバイザー」の難波さんも、いまや人気者です。

この記事の執筆しているいま、彼女はセブ島でのんびりバカンスを楽しんでいるようです。

セブ島でも仕事を獲って帰ってくるんじゃないか?と思えます(笑

それは冗談としても、現地での「サロン」の視察は、欠かしていないようですね。サスガです。

さて、あなたの活動は、売上に結び付いていますか?

 

ひとりで経営している人に役立つ無料メルマガ配信中

フリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。