時代に合わせて進化する「売れない理由」

ワシが住む名古屋は、喫茶店文化が盛んです。

全国的にも「名古屋の喫茶店のモーニングサービスはスゴイ」と評判になっているそうですね。

ワシも、朝食を外食にすることがときどきあります。

だけど、「朝マック」か「ファミレスモーニング」か、コメダなどの大手系のモーニングばかりです。

こちらは「星乃珈琲」のモーニングメニュー「エッグスラット」

つまり地元の喫茶店には、滅多に行かない、ということです。

別にキライなわけじゃありません。

イヤな思い出があったわけでもありません。

理由があるんです。

ウチの地元にも、大手のコーヒーショップチェーンがたくさん出店しています。

地元の「名物モーニングメニュー」を出している個人店の中には、苦戦しているお店もあります。

これは、地元のお店側から見たら、問題ですよね。

だって、お客さんが来てくれないんですから。

「大手が出店したからお客さんをうばわれた」と捉えるのは、早計です。

ここには、いまの時代ならではの「お客さんが来ない理由」が隠されているんです。

時代と共に「売れない理由」も進化する

まだモノが不足していた時代、売れない理由は

  • モノがよくないから
  • 知られていないから

という、単純な理由でした。

つまり「モノがよくて、知られていれば、売れる時代」だったってことです。

高くて手が出なかった人も、しだいに価格が下がってくると、買えるようになります。

次に「価格競争」が起きるわけです。

これがモノがあふれる時代になると、モノがよいだけ、安いだけでは売れなくなって「買う理由」(価値提案)がポイントになってきました。

このように、時代に合わせて「売れる理由」「売れない理由」も変化しているんですね。

そのため、マーケティング理論も、数年ごとに新しい説やトピックが持ち上がり、一種のブームのようになることもあります。

SEOがんばっても、ホームページをキレイにしても、価格を下げても売れない。

そんな人はいませんか?

あなたが売れない理由は、いまの時代の「売れない理由」を理解していないからかもしれません。

いまは情報があふれ、買い方も多様化する中で

「欲しいけど、どうすればいいのかわからない時代」

に突入しているんです。

質もいいのに。価格も妥当なのに。露出もがんばっているのに。売れない。

そんな人のための「進化した売れない理由」について、メルマガでお伝えします。

メルマガの配信は、1月29日(火)の17:00を予定しています。

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー