業歴は長くても儲からない会社の悩み

今の時代、どこの地方都市に行っても、街中が閑散としていることが多いです。

人口が減るばかりか、高齢化が進み、以前のように地方都市に活気がなくなってきているんですね。

地域の商工会議所のご担当者さんとお話しをしていても

昔はこの辺りには〇〇業の会社が100社はあったんだけど、今では営業を続けている会社は4社だけになってしまいました。

なんてお話しをよく聞きます。

これは決して、都市の人口が減っただけではなく、多くの場合は「業界の構造が大きく変わったから」と言えますね。

生き残るのは大きい会社ではなくて対応できる会社

たとえば、100キンで売っているモノの多くは、外国製です。

いま、安いコップやプラスチック製品といった100キンで売られているモノの多くは、40年前であれば、地域の「金物屋さん」「荒物屋さん」などで売られていたモノが多いですね。

だいたいいま、街中に「金物屋さん」などを見かけなくなりましたもんね。

「荒物(あらもの)」に至っては、40代以下の人からは「アラモノって何?」と思うことでしょう。

つまり「つくっている会社」はすでに日本からは減り、「売っている会社」も100キンやホームセンターといった、以前と違った大型小売店に変化しています。

時代が変化したことによって、業界の構造が変わっているわけです。

この時代の変化に対応できないと「品質がいい」「歴史がある」といった理由だけでは、生き残れない時代になりましたね。

ふだんは「個人起業」についての話題が多いですが、今回はちょっとテーマを変えます。

業歴は長いけど儲からない、町の中小企業の悩み

について、メルマガでお届けします。

メルマガ「業歴は長いけど儲からない会社の悩み」は1月30日の17:00にお届けしますので、それまでにメルマガ登録を済ませておいてくださいね。

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー