起業と事業の建て直し。どちらが難しい?

花粉、確定申告、午後の眠気。

この季節のキーワードですね。

セミナーのときは花粉対策に気をつけます

さて。

ワシの仕事の多くは個人でビジネスをはじめるひとのための支援です。

一方で、地域の中小企業さんの「経営改善支援」のお仕事もさせていただいています。

個人で起業しているフリーランスの人から中小企業さんを見ると、ずいぶんうらやましく見えるかもしれませんね。

オフィスもあって、法人格などの信用もあって、実績もあって。

というようにね。

「中小企業の社長さん」というだけで、人からの視線も違いますもんね。

だけど実態はというと…。

中小企業の「建て直し」は起業よりも難しい?

もちろん、中小企業の経営と言ったって、内情は「いろいろ」です。

典型的な例としては、家業として地元で続けてきた事業が、時代の流れに合わなくなって、経営が傾きはじめた、という例ですね。

これは日本中のいろんな地域で起きている問題です。

とくに昭和の好景気を経てきた業種が多いですね。

ワシの頭に具体的に浮かぶ会社の規模としては、家族経営的な2、3人レベルから、20人くらいまでの会社です。

いまだに注文は電話とかFAXで、「帳簿」で管理していたりとかね。

それらをパソコンで管理すれば、経営が上向くのかというと、そういう問題ではありません。

ワシが支援している身として、ときに

「個人レベルの起業よりも、中小企業のほうが立て直しが難しい」と感じる理由について、メルマガでお伝えしますね。

結論だけ言ってしまうと

立て直したい中小企業は、あらためて「ゼロから起業する」くらいの気概を持ってね。

ということです。

今回のメルマガは、2月6日の17:00にお届けします。

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー

ひとりで経営している人に役立つ無料メルマガ配信中

フリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。