名刺の新常識。ネット時代の売れる名刺とは。

セミナー講師やコンサルタントをしていると、メリットがいくつもあります。

そのうちの一つが「経営者のかたの生の情報が得られること」です。

本に書いてあったり、ネットで騒がれているような「きれいごと」だけではなくて、経営者の方々の実態が見えてくるのです。

セミナーを開催する各所では、セミナーテーマに関する「ちょっとした質問」を、会場のみなさんに投げかけています。

この中で「名刺に関する質問」も、たくさん投げかけています。

もらった名刺、ちゃんと見てますか?

まずは、もらった名刺をちゃんと見ているかどうか、というお話し。

名刺交換の際には、相手の名刺を裏表、確認するのがなかばマナーになっています。

だけど実際には「へぇ~」と眺めるだけで、名刺を読めば書いてあることを、平気で質問してくるような人もいますよね?

相手に文句を言っても始まりません。

「そういうものなのだ」という認識が必要です。

だとしたら、今の名刺でいいのか?という疑問が湧いてきますよね。

「渡した後」を考えて名刺を作っている人は少ない

中小企業のかたや公的機関のかた、個人起業家のかたがたまで、いろんな方々から名刺をいただきます。

個人起業家のかたで多いのは「自己満足型の名刺」です。

つまり多くの人の名刺は「自分の言いたいことはすべて言えているか」がポイントになっているんです。

だけど、実際にどれだけの人が名刺に書いてあることを「ちゃんと」読んでいるのか。

その名刺を、もらった後でどのように管理しているのか。

その後、どのようにして「仕事」に結び付くのか。

そこまで考えて名刺を作っている人は少ないですよね。

今回メルマガでお送りする話題は

実際に中小企業の人たちに尋ねてわかった、ネット時代の新しい「売れる名刺」についてです。

QRコードをつければネットに対応しているだとか、そういった目先のことではありません。

ここでも「それで、どうなるのか」だとか「その後のお客さんの行動」にまで、注目するべきですよね。

今回のメルマガは、2月7日の17:00にお届けします。

 

1,000人の経営者に読まれているメールマガジン

  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • ひとりビジネスだから体力的な限界で売上が決まってしまう
  • 地元産業の古い慣習から抜け出したい
そんなフリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。
週一回のペースで配信中です。

こんな実績が生まれています。

  • 1年で売上が2倍になった自宅経営のピアノ教室
  • 週3の自宅パソコン業務で3年以上コンスタントに月50万稼ぎ出している主婦
  • コネナシ実績ナシから1年で地元銀行や商工会議所のアドバイザーになったデザイナーAさん
  • 月4万~8万円だった売上を8か月で50万円に伸ばしたデザイナーBさん
  • 地元に強力な競合がいる中での後発にも関わらず地元密着で継続的に売れている整理収納アドバイザー
  • ターゲットの変更により平均客単価が2倍以上に増えたカウンセラー
  • 1ヶ月の取り組みで平均客単価、売上とも1.5倍に増えた地元商店街の化粧品店
  • 集客ゼロからはじめて初月から毎月3名以上の新規集客に成功したクラフト教室
  • 個人相手から企業向けに切り替えて地元メディアでも取り上げられるほど躍進した洋菓子製造業