名刺の新常識。ネット時代の売れる名刺とは。

セミナー講師やコンサルタントをしていると、メリットがいくつもあります。

そのうちの一つが「経営者のかたの生の情報が得られること」です。

本に書いてあったり、ネットで騒がれているような「きれいごと」だけではなくて、経営者の方々の実態が見えてくるのです。

セミナーを開催する各所では、セミナーテーマに関する「ちょっとした質問」を、会場のみなさんに投げかけています。

この中で「名刺に関する質問」も、たくさん投げかけています。

もらった名刺、ちゃんと見てますか?

まずは、もらった名刺をちゃんと見ているかどうか、というお話し。

名刺交換の際には、相手の名刺を裏表、確認するのがなかばマナーになっています。

だけど実際には「へぇ~」と眺めるだけで、名刺を読めば書いてあることを、平気で質問してくるような人もいますよね?

相手に文句を言っても始まりません。

「そういうものなのだ」という認識が必要です。

だとしたら、今の名刺でいいのか?という疑問が湧いてきますよね。

「渡した後」を考えて名刺を作っている人は少ない

中小企業のかたや公的機関のかた、個人起業家のかたがたまで、いろんな方々から名刺をいただきます。

個人起業家のかたで多いのは「自己満足型の名刺」です。

つまり多くの人の名刺は「自分の言いたいことはすべて言えているか」がポイントになっているんです。

だけど、実際にどれだけの人が名刺に書いてあることを「ちゃんと」読んでいるのか。

その名刺を、もらった後でどのように管理しているのか。

その後、どのようにして「仕事」に結び付くのか。

そこまで考えて名刺を作っている人は少ないですよね。

今回メルマガでお送りする話題は

実際に中小企業の人たちに尋ねてわかった、ネット時代の新しい「売れる名刺」についてです。

QRコードをつければネットに対応しているだとか、そういった目先のことではありません。

ここでも「それで、どうなるのか」だとか「その後のお客さんの行動」にまで、注目するべきですよね。

今回のメルマガは、2月7日の17:00にお届けします。

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー