下火になったメディアから、いつ撤退するか?

アメブロ、フェイスブックなどは、人気に陰りが見えてきましたね。

ワシの周りにも、Twitterやnoteなどに軸足を移すひとが現れはじめました。

人によっては「名刺は一昔前のツール」と、名刺を持たない人もいますね。

「人気が衰えはじめたメディアからいつ撤退するか」は「人気のメディアにいつ参入するか」よりも難しい問題かもしれません。

「自分はどうしたいか」よりも、お客さんを優先する

まず、人気が下火になったメディアでも「今から使い始める人がいる」という点に注目です。

どんな商品やメディアでも、「一気に火が付く」ように見えて、すべての人が一斉に飛びつくわけではありません。

  • 新しもの好きな人が真っ先に飛びつき、
  • 「時代の先端を行ってるぜ」と自慢したい人が早々に参入し、
  • 「どうやら人気らしい」と注目した人がやり始めて、
  • バラエティ番組やワイドショーなどテレビなどでも取り上げられるようになり、
  • 今まで無関心だったり、毛嫌いしていた人もようやく腰を上げて…。

というように、「人気が出るプロセス」というものがあります。

経営学ではプロダクトライフサイクル理論として有名なものです。

「いまからはじめる」人もいる

下火になったメディアから早々に撤退するのは、参入も早かった人たちです。

だけど、あなたのお客さんはいまからはじめる人かもしれませんね。

そこにお客さんがいる間は、撤退しないという選択をしたほうが賢明かもしれません。

あなたが飽きたかどうか。あなたの同業者が撤退したか。あなたのコンサルが撤退したかは、関係ないのです。

お客さんが移動したか、自分のターゲットを変えた時に撤退を検討する

いま、FAXを取り外そうかと検討しています。

いま書面をFAXでやりとりすることが、ほとんどなくなったからです。

だけど、名刺やフェイスブックからは、まだ撤退するつもりはありません。

なぜならそこにコミュニティやお客さんなどの人がいるから。

アメブロからはほとんど撤退しましたが、消さずに残してあります。

なぜならそこにはまだ、見込み客のかたがいるから。

ある町の人気が廃れて、新しい町が脚光を浴びたとしても、「あなたのお客さんはどちらにいるのか」のほうが大事です。

時代の先を行けばよい、というものではありません。

お客さんがみんな、時代の先端を行っているとは限らないからです。

私が新しい方向に行くのでお客さんはついてきてください

というのも自由です。

ただ、ついてこれないお客さんが離脱するのは覚悟の上でね。

 

小さなビジネスの売上を2倍にする無料メールマガジン

  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • ひとりビジネスだから体力的な限界で売上が決まってしまう
  • 地元産業の古い慣習から抜け出したい
そんなフリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。
週一回のペースで配信中です。

こんな実績が生まれています。

  • 1年で売上が2倍になった自宅経営のピアノ教室
  • 週3の自宅パソコン業務で3年以上コンスタントに月50万稼ぎ出している主婦
  • コネナシ実績ナシから1年で地元銀行や商工会議所のアドバイザーになったデザイナーAさん
  • 月4万~8万円だった売上を8か月で50万円に伸ばしたデザイナーBさん
  • 地元に強力な競合がいる中での後発にも関わらず地元密着で継続的に売れている整理収納アドバイザー
  • ターゲットの変更により平均客単価が2倍以上に増えたカウンセラー
  • 1ヶ月の取り組みで平均客単価、売上とも1.5倍に増えた地元商店街の化粧品店
  • 集客ゼロからはじめて初月から毎月3名以上の新規集客に成功したクラフト教室
  • 個人相手から企業向けに切り替えて地元メディアでも取り上げられるほど躍進した洋菓子製造業