下火になったメディアから、いつ撤退するか?

アメブロ、フェイスブックなどは、人気に陰りが見えてきましたね。

ワシの周りにも、Twitterやnoteなどに軸足を移すひとが現れはじめました。

人によっては「名刺は一昔前のツール」と、名刺を持たない人もいますね。

「人気が衰えはじめたメディアからいつ撤退するか」は「人気のメディアにいつ参入するか」よりも難しい問題かもしれません。

「自分はどうしたいか」よりも、お客さんを優先する

まず、人気が下火になったメディアでも「今から使い始める人がいる」という点に注目です。

どんな商品やメディアでも、「一気に火が付く」ように見えて、すべての人が一斉に飛びつくわけではありません。

  • 新しもの好きな人が真っ先に飛びつき、
  • 「時代の先端を行ってるぜ」と自慢したい人が早々に参入し、
  • 「どうやら人気らしい」と注目した人がやり始めて、
  • バラエティ番組やワイドショーなどテレビなどでも取り上げられるようになり、
  • 今まで無関心だったり、毛嫌いしていた人もようやく腰を上げて…。

というように、「人気が出るプロセス」というものがあります。

経営学ではプロダクトライフサイクル理論として有名なものです。

「いまからはじめる」人もいる

下火になったメディアから早々に撤退するのは、参入も早かった人たちです。

だけど、あなたのお客さんはいまからはじめる人かもしれませんね。

そこにお客さんがいる間は、撤退しないという選択をしたほうが賢明かもしれません。

あなたが飽きたかどうか。あなたの同業者が撤退したか。あなたのコンサルが撤退したかは、関係ないのです。

お客さんが移動したか、自分のターゲットを変えた時に撤退を検討する

いま、FAXを取り外そうかと検討しています。

いま書面をFAXでやりとりすることが、ほとんどなくなったからです。

だけど、名刺やフェイスブックからは、まだ撤退するつもりはありません。

なぜならそこにコミュニティやお客さんなどの人がいるから。

アメブロからはほとんど撤退しましたが、消さずに残してあります。

なぜならそこにはまだ、見込み客のかたがいるから。

ある町の人気が廃れて、新しい町が脚光を浴びたとしても、「あなたのお客さんはどちらにいるのか」のほうが大事です。

時代の先を行けばよい、というものではありません。

お客さんがみんな、時代の先端を行っているとは限らないからです。

私が新しい方向に行くのでお客さんはついてきてください

というのも自由です。

ただ、ついてこれないお客さんが離脱するのは覚悟の上でね。

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー