動ける自分になるために

さいきんの「積ん読」一覧です(笑

実際に読むのは半分くらいかと予想しています。

ブログやメルマガへの反響を見ていると、気がつくことがあるんですよ。

それは、手法論よりも「気持ちの問題」のほうが、多くの人に刺さるんだな、ってことです。

実力にはさほど大きな違いはない

同業者で売れている人と売れてない人を見比べたとき。

売れてる人のほうがはるかに堂々としていて、実力があるように見えますよね。

でも、じっさいにいろんなご相談者を見てきて、思うんですよ。

ビジネスを進めていく上での根本的な「実力」には、あまり違いは無い。

って。

経験や知識の上では違いがありますが、いま売れてる人だって、最初から知識や経験があったわけではありませんからね。

「技術的には劣っている人のほうが売れている」なんてことも、当たり前のように見かけます。

ワシも、ぜんぜんダメダメだった頃と今を見比べてみて、特段「実力」だとか「できること」に違いがあるとは思えません。

行動力と言っても、天性のものではありません。(これ大きなポイントです)

だとすると、やっぱりメンタルの部分は大きいと思いますし、

あのタイミングがターニングポイントだったな

と思い返すことができるような「気づき」だとか「メンタルの上でのできごと」があります。

つまり「できなかった頃の自分」と「多少はできている現在の自分」を見比べてみると、「何かに気がついたかどうか」だけの違いだと言えます。

それは「知っているかどうか」ではありません。

腹の底から「こういうことだったのか」と納得がいったのか、という違いです。

この違いは本当に大きいと思います。

これをコトバで説明しているものは、本でもブログでもたくさんあります。

だから、このブログを読んでいるあなたも、既に知っていることです。

なのに動けないってことは「知ってはいるけど腹に落ちていない」ってことですね。

じゃどうすれば腹に落ちるのか。

ワシの場合は、そこに至るまでに途方もない時間がかかったので、あまり参考にはならないかもしれません。

そんなワシの経験から考えると、行動できるようになるための「腑に落ちるという体験」を得るには、次のふたつです。

ごくわずかな行動を積み重ね + 知識。

よく、セミナーだとか交流会などには積極的に参加しているけど、自分のビジネスについてはあまり行動していない、っていう人を見かけます。

おそらくワシも、このような人間だったのだと思います。

ごく小さな行動を積み重ねること

これってけっこう大事だと思うんです。

たとえば「問い合わせの電話」を一本かけるのが苦手、っていうひと、けっこう多いですよね。

こういった「ちょっとした行動」です。

これをできるだけ早く実行に移す。

「電話かけなきゃな。面倒だな。イヤだな」

という時間を、1秒でも短くすることです。

「パソコン苦手」「読書苦手」って言ってる人も、「ちょっとした行動の繰り返し」がなかなかできない人なんじゃないかと思います。

ワシが独立を考えていた頃はネットが発達していなかったので、ちょっとした調べものをするのも大変でした。

そんなときに、市の産業会館の資料室に調べにでかけたり、商工会議所に出向いて担当者の人に尋ねてみたりしていました。

どうってことのない行動ばかりですが、これを思いついてから実行するまでに、何週間も何カ月もかかる人がいますよね。

1ミリも進めない人は、1ミリ前に進むための行動をしていない

顔を合わすたびに毎回毎回、暗い顔で

「どうすればいいんでしょうか」

と同じことばかり尋ねてくるわりには、前回にお伝えした

「このブログを読んでみたら?」「この本を読んでみたら?」「ここに問い合わせてみたら?」

ということを、やっていない。

そんな人も多いです。

それではやっぱり、前に進みませんよね。

大事なのは「小さな動き」で構わないので、スピードと回数はたくさん、ということです。

行動は、はじめは小さくてもOKですが、「ゆっくり」「ほんの数回」では、なかなか効果が出ません。

気がつくと、それまでの「ナゾ」が解ける

実はここで本当のことをお話しすると、遠回りしている中でいろんな経験をし、その間もいろんな本を読んでいく中で

あれっ、これってひょっとしたら、自分が体験したアレのようなことか?

って体験が、何度かありました。

それがきっかけで、それまで単なる知識だったことが、

だとしたら、あの本に書いてあったアレも、もしかしてこういう意味だったんじゃ…

といったように、芋づる式に腑に落ち始めたんです。

そう考えると、動けるようになるための自分を作るには

小さな行動の繰り返し(体験)と知識

にほかなりません。

ワシがこれまでアドバイスしてきた人たちも、大きく伸びた人は、コンサルティングを続ける途中のどこかのタイミングで

あっ、ひょっとしてこういうことか

と、明らかに気がついたタイミングがありました。

この気づきが早く得られた人は、伸びるのも早かったです。

何カ月もかかった人は、そのぶん成果が伸びるのにも時間がかかりました。

まだそれならよいほうで、最後まで気がつかなかった人(多くは、気がつこうとしなかった人)は、最後まで伸びませんでした。

決して難しいことではありません。

でも、やってみないと、考えただけで気づくことではありません。

知識や考え方をお伝えすることはできても「気づく」というのは、自分で起こす以外にないんですね。

5月31日の東京からスタートして、大阪、オンライン、名古屋と開催が続く「遠回りしない起業セミナー」。

ここでも、この記事の具体的なお話しをしたいと思っています。

 

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー

遠回りしない起業セミナー2019

勢いで起業してみたけど、ぜんぜんうまくいかない!何を勉強したらよいのかもわからない!そんな方に向けたセミナーです。