せっかく受けたセミナーを活かす簡単な方法

ワシ、けっこうたくさんセミナーを受けています。

001

でも、セミナーを受けてて、気をつけなきゃいけないなー、と自分で思っていることがあります。

それは
ノウハウコレクターにならないこと。

です。

「人気講師のあの人の話を聞いた」
「あのノウハウなら、知ってる」

ってことで、満足しないってことです。

そのためには、ひとつでもいいから実践することが大事ですね。

セミナーを受けた後で

「いやーいい話だった」

と思うだけではダメだってことです。

もしここで、

「このセミナーを、どう活かしますか?」

という質問を受けた時に

「考えてみます!」

では、もうその時点で「ノウハウコレクター」になりかかっているように思うんですよね。

「どんな話が聴けるんだろう?」
という漠然とした気持ちで参加するのではなくて、

「今、自分にとって課題になっている新規顧客開拓の手法についてヒントを得よう」

「最近気になっている手法について、自分の販促に使えるかどうか確認してみよう」

といった、具体的な目的意識をあらかじめ持っておく必要がありますね。

アウトプットを意識したインプットが必要、ということです。

それよりも、「ただ聴いただけ」では済まさないための、もっと簡単な方法があります。

それは自分が受講したセミナーについてブログに書く、ということです。

人から聞いたことを、誰かに伝えるには「再編集」が必要になります。

つまり、自分が受講中にとったノートを丸写ししただけでは、第三者が読んでわかるブログ記事にはなりません。

聴いた話を自分なりに解釈して、第三者が読んでもわかるようなコトバにして表す必要があるわけですね。

これが、非常によい「アウトプット」になるんです。

アウトプットを意識したインプット。

交流のため、といった目的もあるでしょうが、それだったら飲み会で済むはずです。

何かしら「自分の得に結びつく」得るモノがなくてはセミナーを受講する意味がありませんし、セミナーにお金を払う意味もありませんからね。

「いい話を聞いたな」だけでは終わらない、集客・売上・利益に結び付くセミナーを受講したいですね。

フォローしてね!

ひとりで経営している人に役立つ無料メルマガ配信中

フリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。