出会った人にすぐ売ろうとしているんじゃない?

今週2度目の路上ランチ。

001

最近、路上ランチが多いな・・・
移動時間の見積もりが甘いと、こうなるのね(笑

さて、2週連続で「凄腕コンサルタント」のセミナー受講です。

最前列で受講しようと、路上ランチで早く到着すると、受講者どころか関係者すらいらっしゃらないこともしばしば(笑
002

前回のテーマは「集客」、そして今回のテーマは「販売」です。

集めて、売る。

単純に見ればそれだけの話なんだけど、2回に分けたことに深い意味を感じるんですね~。

それは
出会った人にすぐに売ろうと思っても、なかなか買ってもらえない
ってこと。

はじめてまして。高橋浩士です。コレ、買ってくれませんか?

って言われても、ドン引きですよね。

なんじゃコイツ・・・

って思われるのが関の山。

でも、実際の販促のシーンでは、こういった広告が多いんですよね。

急ぎすぎなんです。

たしかに商品単価だとか、商品特性にもよります。
でも、見ず知らずの人からモノを買うことって、考えてみたらあまり無い。

004
イルサルトさんの事例、キター】

「集める」と「売る」を分けて考えることに、まずは深くナットク。

彼のような人物の脳ミソの構造を何とかして解明してやろうと、受講にも熱が入ります(笑

003

「しくみ」「ステップ」「段取り」
コトバはなんでもいいけど、「構造」のようなものがひとつのキーワードなんですな、きっと。

要素のひとつひとつを、別々に見ない。

それらの「つながり」で見る。

そんなイメージかな。

それはともかく。

005

今週こそはちゃんと大阪に帰ることができますように(祈

この男の頭の中はどうなってんだ?と思うような
「売れる仕組みを作っちゃう男」のブログはコチラ。

フォローしてね!

フリーランス、個人事業者向け経営相談会

個人ビジネスのお悩み解消のための、一回限りのコンサルティング。人数限定。