同じ広告費なのに売り上げが何倍にもなるヒミツ

最近、これまで以上に注目している分野があります。

それは「コトバ」。

以前からコトバにはひとかたならぬ関心を持っていたワシです。

でも、自分の「コトバに関する実力」は、まだまだだなぁ~。と思って、より力を入れていこうと思っているわけです。

小さな会社が、集客やリピートを狙って行動を起こす場合、何かしらの「コスト」が必ずかかります。

え?無料ブログならタダだろう、って?

そうゆうふうに思っちゃう人!

自分の労力もコストに入っていますからね!

そして、同じだけコスト/労力をかけるのであれば、コトバに気を配りたいものです。

Aのコトバを使うか、Bコトバを使うか、どちらを選んでも、コストに変わりはありませんが、集客や売り上げといった、実利的な効果に、うんと差が出ることがあるからです。

同じ商品なのに、商品名を変えただけで、大ヒット商品になったり。

ダイレクトメールのコトバを変えただけで、レスポンスが飛躍的に上がったり。

おおげさじゃなくて、ホントです。

しかも、コトバは「売る」だけじゃなくて、自分の方針や思いを伝える、もっとも基本的な手段なんですよね。

たとえ道具が「ブログ」であろうが「メルマガ」であろうが、「コトバ」抜きでは語れないわけです。

ただ単に「コトバで煽(あお)れ」って言ってるんじゃありません。

「コトバで売る」=「煽る」

と考えるのは、短絡的です。

10390359_726682904044475_6084749880470540443_n
【誰に伝えるかによって、いちばん伝わりやすい言葉が変わるから】

コトバで売る、とは「誰にどんないいことがあるのか」ということをきちんと伝える、ってことです。

ワシの場合、すごくラッキーなことに、「コトバのプロ」が近くにいてくれます。

「ちょっとコトバを変えただけで、売れ行きが変わる」
信じられない人は、いちど彼のブログを覗いてみてくださいな。

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋で活動するスモールビジネスコンサルタント。
「40代主婦起業1年目」のかたを中心に、個人ビジネス、フリーランスの起業や売上アップのご相談に応じているほか、公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
低コストで売り上げを上げる手法が好評。(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー