あなたのサービスを買ってくれる人は他にもいる

さきほど、ワシの「セミナー講師」としてのサイトのリニューアルを完成させたばかりです。

さっそく次の作業に取りかかっています。

それが、ワシの「コンサルタント」としてのサイトのリニューアルです。

これが今作った、トップページ。

ハイ。ご覧いただければわかるかと思います。

セミナー講師のサイトと、同じレイアウトです。

コンサルとセミナー講師、そしてこのブログと、サイトを統合してしまったほうが早いような気もするんですけどね。

どちらもコンテンツ量が多いので、統合するとしたら、それはそれで大変なのですよ。

「コンサル」を売る相手は、相談者本人だけか?

今回も「スマホ対応」が主な目的なので、基本的には旧サイトの内容をそっくりそのまま新サイトに持って来るだけです。

だけど、古くなった情報や、基本的な方針の部分には、手を加えています。

今回気がついたのは、こんな根本的な自問からでした。

小さなビジネス向けのコンサルティングというサービスが欲しい人は誰だ?

こういった「自問自答」って、日ごろからやったほうがいいですよ。

すこしでも「狭い視野」から脱出して、多面的にモノゴトを見れるようにするための練習です。

この問いかけに対して

そりゃ「小さなビジネス向けのコンサルティング」なのだから、お客さんは「小さなビジネスの経営者」以外にあり得ないじゃないか!

と思ってしまいませんか?

はたして、そうでしょうか。

もし、そう思えてしまうのであれば、あなたの自身も、自分のサービスの「売り先」を、勝手に狭めているかもしれませんよ。

ヒントだけお伝えしておきましょうか。

お客さんとは「自らの意思でお金を払うことを決断してお金を払ってくれる人」のことです。

これって、必ずしも商品やサービスを利用する人とは一致しませんよ、ってことです。

たとえば、小さな子供のおもちゃ。

お客さんは「親」ですね。

おもちゃを欲しがったり、実際に使うのは、こどもですけどね。

女性用の下着だって「プレゼントにいかがですか」とアピールすれば、男性がお客さんになりますね。

コンサルティングや相談業などのサービスだって、同じだと言うことですよ。

詳しくは、ワシの「コンサルタントとしてのサイト」の完成まで、お待ちくださいね(笑

リニューアル前のサイトがご覧になれるのは、今のうちですよ。

遠回りしない起業セミナー2019

ひとりで起業したのに、思ったほど儲からない!ぜんぜん売れない!何か根本的に「やりかた」が間違っているんじゃないの?
そんなふうに思っている人のためのセミナーです。

日程
5月31日(金) 東京 13:00~15:00
6月7日(金) 大阪 13:00~15:00
6月12日(水) オンライン 13:00~15:00
6月14日(金) 名古屋 13:00~15:00
6月26日(水) 札幌 13:00~15:00 NEW!
セミナー後に、近くのカフェなどで「懇親お茶会」を開催予定です(参加費は自分のお茶代のみ)
参加費
各会場5,000円 オンラインのみ3,000円
定員
各会場9~10名
会場によって異なります

 

1,000人の経営者に読まれているメールマガジン

  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • ひとりビジネスだから体力的な限界で売上が決まってしまう
  • 地元産業の古い慣習から抜け出したい
そんなフリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。
週一回のペースで配信中です。

こんな実績が生まれています。

  • 1年で売上が2倍になった自宅経営のピアノ教室
  • 週3の自宅パソコン業務で3年以上コンスタントに月50万稼ぎ出している主婦
  • コネナシ実績ナシから1年で地元銀行や商工会議所のアドバイザーになったデザイナーAさん
  • 月4万~8万円だった売上を8か月で50万円に伸ばしたデザイナーBさん
  • 地元に強力な競合がいる中での後発にも関わらず地元密着で継続的に売れている整理収納アドバイザー
  • ターゲットの変更により平均客単価が2倍以上に増えたカウンセラー
  • 1ヶ月の取り組みで平均客単価、売上とも1.5倍に増えた地元商店街の化粧品店
  • 集客ゼロからはじめて初月から毎月3名以上の新規集客に成功したクラフト教室
  • 個人相手から企業向けに切り替えて地元メディアでも取り上げられるほど躍進した洋菓子製造業