自分の本来の力+旬な素材=ヒット作

最近、久しぶりにTwitterで発信を再開しています。
とはいえ、今のところはFacebookと2重投稿のような形です。

ワシのTwitter

数年前には「Twitter専門家」のような肩書だった人が、知らないうちに「動画コンサル」に変わってたりして、ちょっと笑えます。

でも、嘲笑ってるわけじゃありません。

したたかだなぁ。と思うんです。

「ツール単体」で考えると、ブログだの、SNSだの、動画サイトだの。

さらに「個別のサービス単位」で考えると、アメブロだの、ワードプレスだの、Facebookだの。

それぞれを極めて有名になっていく方も多いです。

でも、ツールやサービスは移り変わっていきますし、入れ替わっていきますからね。

そこには「ネットワーク時代の本質を掴む力」だとか、それを人にわかりやすく伝える力が、不可欠になってきます。

本当にゆるぎのない軸になる部分は、そういった「掴む力」「伝える力」といった、本質的な部分です。

アメブロのメニューバーがどうのとか、使い方がどうのとかは、検索すりゃ、誰かがアップしてくれてるハズです。

すぐにマネできちゃう。

同じようなことを書く人が現れちゃう。

だけど「力」の部分は、誰もアップしてくれていませんからね。

たとえ文章を盗んでも「力」の部分は、簡単にマネができるものではありません。

でも「力」というものは、それだけでは抽象的で、本来伝わりにくいモノです。

だからツールを使う。

時代が変われば、違うツールを使うだけです。

自分が持っている本来の力を、時代に合ったツールで発信する。

伝統的な料理の技術と、話題の素材を合わせて、人気メニューを創り出すようなモノですかね。

001_450
【こんな写真を撮ってみたかった(笑】

フォローしてね!

スモールビジネスのオンライン勉強会「ワシ勉」