互いにホンネを言えない相手とは仕事できません

もう、2015年の足音が聞こえてきました。

001_450

ワシは基本的に「ホンネを言い合える相手」とお仕事をしたいと願っています。

だから、ワシのことを嫌っている人とは仕事したくありません。

当然だよね。

でも、キライな人と仕事している人って、たくさんいますよね。

ワシの仕事は

その人の仕事やお客さんにかける「想い」を引き出し、それを「形」にして表して、お客さんとより親しくなるお手伝いをすること

だと思っています。

だから、「ホンネ」を引き出せないと、できあがった「形」も、形だけの形骸的なものになってしまいます。

それに、本音を引き出せていない場合、なんとなくわかるんですよ。

この人は、表面上の耳触りがいいことだけを言ってるな

ってことが。

もちろん、商売での話ですから、

見せるための自分と、本当の自分が、あって当然だと思っています。

そして、ホンネであっても、伝えるべきものと、そうでないこともあります。

その分別、取捨選択、「何を伝えるか?何を伝えないか?」というレベルから、お話しをさせていただきたいと思ってるんですよね。

そうでないと、ワシの立場は「このようにつくってください」と言われるがままに作るだけの、オペレーター(作業者)になってしまいますから。

そのようなお仕事であれば、ネットで検索して「最安」で作ってくれるところを探したほうが、ストレスなく依頼できると思います。

日頃から、こういった発信をしているせいか、ワシのところにはこういった点をあらかじめおわかりくださっている方からのご連絡が増えてきました。

おかげさまで、最初からお話しをスムースに進めさせていただけるケースばかりです。

「望ましいお客さんと出会う」ためには、やっぱり、自分のスタンスを発信することが大事ですね。

そう考えると、このようなスタンスの方と一緒に仕事ができて、本当にうれしいです。

これは、ワシも、彼も、そのスタンスを発信していたからこそ、実現した企画です。

彼のお話しを名古屋で聴ける日が、近くなってきました。

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー