読者数よりも、アクセスよりも

そもそも、小さな会社は有名になったとしても「知る人ぞ知る」っていう存在です。

001_450

まぁ、読者さんやアクセスが多いほうが、売上につながりやすいのは確かなんですが…。

でも、こうまで「読者数至上主義」「アクセス至上主義」ってのもねぇ。

だって「自分のブログの読者になってくれそうだから」という理由だけで、まったく自分のターゲットとは違う人種の人たちに、自分からせっせと読者登録するなんて、なんだかバカげてませんか?

ただ読者の数字だけを増やして「すげーだろ」と言いたいのであれば、フリーのメールアカウントをバンバン作って、自分で自分の読者になればいいじゃん。

あぁ…虚しい(笑

ワシの周りには、読者1,000人以下でも、アクセスが日に5ケタだとか、読者1,000人ソコソコでも、ほぼ毎日、日本中から招待されてのセミナー講師として駆け回っている人がたくさんいますよ。

そういった方々は、どうしてそんなことが可能なんでしょう?

「すでに自分のお客さんになっている人たち」

「一生、お客さんにならないかもしれないけど、自分が応援したい人たち」

に向けて、彼らに役立つ情報や、応援するメッセージを送り続けているからなんですよね。

なんというか。

カッコイイ。

でもこれって、
「オレ、カッコイイだろう?」

って、自分で言っちゃってる人のカッコよさではないんですよね。

人を勇気づけようだとか、なんとかがんばってほしいと願って行動している姿が、カッコイイ。

だから、ワシのブログを読んでくださっているみなさんには、読者数をせっせと増やすよりも、そういった志を持ってほしいなぁ。

と思っているんですよね。

読者1,000人以下でも、アクセスが日に5ケタの方はこちら。

読者1,000人でほぼ毎日、日本中から招待されてのセミナー講師として駆け回っている方はこちら。

「知る人ぞ知る」で、いいんですよ。

どうせ、せいぜいアメブロ内で有名になったところで、「知る人ぞ知る」なんですから(笑

この記事を書いた人

高橋 浩士
高橋 浩士
名古屋のスモールビジネスコンサルタント。
個人ビジネス、フリーランス、家族経営の売上アップ、経営安定化の支援。公的機関などからご依頼をいただいて小規模事業者向けのセミナー講師としても活動中。
個人ビジネス起業家向けビジネス入門塾「ワシ塾」を開催。主婦起業家や脱サラ起業の支援しています。

1965年名古屋市生まれ、名古屋育ち。システムエンジニアを9年、デザインスクール講師を4年経験後に、フリーランスや個人起業向けコンサルタントとして独立。
ミラサポ登録専門家、岐阜商工会議所登録エキスパート、(財)岐阜県産業経済振興センター登録アドバイザー、 (財)あいち産業振興機構登録アドバイザー