他にもやり方があるんじゃないの?

地元の人でないとわからないとは思いますが。

名古屋の人にとっては懐かしい「キャッツカフェ」です。

以前には名古屋市内とその近郊にもたくさん店舗があったのですが、今は周辺都市にまばらに存在するだけになってしまいました。

昨日、愛知県の蒲郡市(がまごおりし)に行った際にランチで立ち寄りました。

なんだか以前より垢ぬけてて、イイ感じでしたよ。

また名古屋近辺にも出店してくれないかなぁ。

最初から突っ込んだ話ができるのは事前の信用情報があるから

昨日、蒲郡市に立ち寄ったメインイベントは、蒲郡商工会議所さんとの打ち合わせでした。

初っ端からかなり突っ込んだ意見交換をさせていただきました。

事前に、間取りアドバイザーの坂口さんがお話しをつけてくださっていたおかげです。

やっぱり事前の信頼情報って大事ですね。

いろんな企画、取り組みの提言をお伝えしたのですが、ここでワシが気にしていたのは「既存の枠組み」のお話し。

ホントにそのスタイルがベストなのか?

「既存の枠組み」とは何かというと。

たとえば、公的機関さんが「何かを学びたい人にお伝えする手段」を考えた場合。

たいていはセミナーだとか、講座だとか、研修という形で開催されます。

例として「創業セミナー」を考えてみます。

参加者の目的は「創業のしかたを学んで、リスクを抑えながら創業を成功させること」

開催側の目的は「参加者の目的の達成のお手伝いをすること」

ですね。

その場合、セミナーだとか研修だとか講座のほかに、もっと別の手段、別の枠組みって存在するんじゃないか?

そんなお話しをさせていただいたんですね。

どうしても、他の人、他の機関がセミナーをやっていると「そうか、セミナーか」ってカンジで、最初は「マネ」から入ると思います。

でも、そのやり方がベストだと証明されたわけでもないし、誰かが決めたわけでもありませんよね。

今の時代、さまざまな便利なツールが安く使えるようになったし、みんなのコミュニケーションの形も変化してきているのに、これでいいのかな?

ワシはその「仮説」に立った取り組みとして「商品企画会議」だとか「休憩室」を実際に立ち上げて、いま検証しているわけです。

あなたの仕事のやり方はそれがベストなのか?

たとえば、〇〇協会のような認定資格制度を取得してお仕事をはじめる人は、協会が取り決めた「枠組み」に沿って仕事をスタートさせると思います。

決して「最初の枠組みが間違っている」と言いたいのではありません。

大抵の場合は、よく考えられたものです。

だけどベストだとは言えません。

ひょっとしたら「今考えられるベスト」なのかもしれませんが、それはわからないのです。

どうしてかというと、時代は進んでいて、協会のやりかたが時代に追い付いていないことも多いからです。

もし、あなたが既存の枠組みに「今の時代のやりかた」を取り入れたら、それはきっと独自性の高い、業界の中でも先進的な存在になれると思うんですけどね。

 

オンライン版も開催します「ヒミツの商品企画会議」8/8

参加型の「企画会議」をオンライン版でも開催します。

「あなたの商品企画について、みんなで企画会議を開く」という企画です。

あなたにも、他の人の商品企画会議に参加していただきます。

8/8はこの会議をオンラインで開催します。

小さなビジネスの売上を2倍にする無料メールマガジン

  • ビジネスモデルや事業計画を見直したい
  • ひとりビジネスだから体力的な限界で売上が決まってしまう
  • 地元産業の古い慣習から抜け出したい
そんなフリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。
週一回のペースで配信中です。

こんな実績が生まれています。

  • 1年で売上が2倍になった自宅経営のピアノ教室
  • 週3の自宅パソコン業務で3年以上コンスタントに月50万稼ぎ出している主婦
  • コネナシ実績ナシから1年で地元銀行や商工会議所のアドバイザーになったデザイナーAさん
  • 月4万~8万円だった売上を8か月で50万円に伸ばしたデザイナーBさん
  • 地元に強力な競合がいる中での後発にも関わらず地元密着で継続的に売れている整理収納アドバイザー
  • ターゲットの変更により平均客単価が2倍以上に増えたカウンセラー
  • 1ヶ月の取り組みで平均客単価、売上とも1.5倍に増えた地元商店街の化粧品店
  • 集客ゼロからはじめて初月から毎月3名以上の新規集客に成功したクラフト教室
  • 個人相手から企業向けに切り替えて地元メディアでも取り上げられるほど躍進した洋菓子製造業